面接で好印象を残せる服装の基本マナーとは?

面接で好印象を残せる服装の基本マナーとは?

2017/02/21

就活の身だしなみ

就活マナー

面接

関連キーワード:

■服装では靴選びも大事!


スーツを選んだら、次は「靴」です。「革靴」を用いるのが一般的ですが、どんなタイプの革靴を選ぶのかがポイントになってきます。男性の場合、ビジネスシューズとしては、モンクストラップと呼ばれる甲の部分にバックルが装着されているタイプの革靴などさまざまな種類がありますが、就活という大事な場ではフォーマルな「革のひも靴」を選ぶべきです。

女性の場合はパンプスを用いるのが一般的ですが、装飾のないすっきりとしたデザインの「プレーンタイプ」をチョイスするのが基本。ヒールも高すぎないものを選びましょう。

また、革靴は爪先のタイプにも気を付けないといけません。男性用の場合、

●ストレートチップ
やや尖った先端をしており、甲の部分に横に一本線が入ったようなデザイン

●Uチップ
爪先が丸まっており、Uの字の縫い目があるデザイン

●プレーントー
爪先に縫い目などのデザインが何もないタイプ

こうした爪先のタイプがあります。最もフォーマルなのがストレートチップ。就活後も使えるので、迷ったらストレートチップのひも靴を選んでおけば間違いないでしょう。

女性の場合は、

●スクエアトー
爪先がやや四角張ったデザイン

●アーモンドトー
爪先がアーモンドのようなデザイン

●ラウンドトー
爪先が丸まったデザイン

この3つのタイプの爪先があります。これらはフォーマルな場でも使えるものなので、装飾のないプレーンタイプであるならば、爪先はどのタイプでも大丈夫です。色は男女共に「黒」が基本です。

次のページ面接時の服装で忘れちゃいけないのはほかにも!

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ