もっとがんばっておけば……今でも就活の後悔を引きずっている社会人は約2割!

もっとがんばっておけば……今でも就活の後悔を引きずっている社会人は約2割!

2017/03/08

就活hack

学生時代、受験で思うような結果が出せなかったとしても、数年後、また次の受験で挽回することができます。就活においても、将来的に「転職」という選択はありますが、みなが同じ時期に必ず受けられるというものではないため、新卒で第一志望の企業に入れなかった場合は心の中にモヤモヤを引きずって仕事をしている方いるかもしれません。そこで今回は、社会人のみなさんに就活での後悔があるにかどうか聞いてみました。

Q.「もっと就活を頑張っておけばよかった」と今でも後悔していますか?

はい   39人(22.2%)
いいえ   137人(77.8%)

■その理由を教えてください

●今でも就活での後悔を引きずっている!

・今勤めている会社に不満があるから(男性/24歳/医薬品・化粧品)
・当時は就職氷河期で、買い手市場の前にひるんでしまった(男性/38歳/自動車関連)
・給料が低いから(男性/37歳/その他)
・がんばればもっとよい会社も目指せたかも(女性/47歳/その他)
・学校をやめてから就活に集中したかった(男性/30歳/医療・福祉)
・違う人生があったかも(男性/33歳/金属・鉄鋼・化学)
・応募した企業が少なかった(男性/47歳/その他)
・公務員を目指せばよかった(男性/33歳/建設・土木)

次のページ後悔していないという社会人の意見は?

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ