履歴書は手書きとパソコン、どっちが正解? きれいに作成するコツとは

履歴書は手書きとパソコン、どっちが正解? きれいに作成するコツとは

2017/02/20

自己分析

■きれいに履歴書を書くコツは?


履歴書を手で書く場合、気になるのはやはり字のきれいさですね。どうも自分は字が汚くて、なんて思う人がいらっしゃるでしょう。うまい字でなくてもいいので、読みやすく丁寧に書くことを心掛けましょう。履歴書をきれいに仕上げるコツは、下のようなポイントに気を付けることです。

●文字は読みやすいように大きめに書く
●文字は丁寧に書く
●誤字脱字がないようにする
●空白は作らない。ただし書き込み過ぎない
●志望動機は別の紙に下書きをして、文章を推敲(すいこう)してから履歴書に書く

けい線があるのではみ出さないようにしなければなりませんが、はみ出さなければいいというものではありません。人事担当者が読みやすいように大きめの字を書くようにしましょう。このような配慮が好印象につながります。

文字は大きめに書きますが、漢字と平仮名のバランスを整えましょう。平仮名は画数が少なく空間が大きく空きます。そこで、平仮名はやや小さめに、画数の多い漢字はそれより大きめにするとバランスがよく、見栄えもぐっとよくなります。

誤字脱字があるのはNGです。同音異義語などの表記には十分注意しましょう。紛らわしい文字がある場合には国語辞典、またネットで調べながら慎重に記入を進めてください。また、後で間違いに気付いても修正液などを使うのはマナー違反。履歴書で修正跡があるのはいけませんので、面倒でも新しい用紙に最初から書きます。

志望動機を記入する際には特に慎重になってください。あなたの気持ちを読み手に伝え、採用につなげなくてはいけません。用紙にすぐに書き出すのではなく、まず別の紙に書いて文章を推敲し、これでいいとなったら履歴書に書くようにします。

手書きはパソコンでの作成に比べてもちろん大変なものですが、手で書いた文字の方があなたの熱意が伝わりやすいという面もあります。上記のポイントを参考に、採用担当者にできるだけアピールする読みやすい履歴書に仕上げるようにしましょう。

(高橋モータス@dcp)

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ