企業研究で見落としがちだけどチェックするべきポイント6選!

企業研究で見落としがちだけどチェックするべきポイント6選!

2017/03/07

企業研究

●OBや社員に直接聞く


・残業時間。実際に働いている社員の人の様子。数字だけでは表に出ないことが多いと思うので、実際に現場で働いている人に直接聞ける機会があればそれが一番いいと思うから(男性/28歳/大学院生)
・働き方に関しては、OB訪問など実際に実際の社員の方に聞くのが一番だと思う。数字などではわからないことがあると思うから(男性/22歳/大学4年生)
・OBなどの話を聞いて判断する。その企業で働いている人が一番知っていると思うから(男性/24歳/大学院生)
・OBを訪ねそれとなく聞いておく。そこで働いている人の話を聞くのが一番職場のイメージがわきやすいから(女性/22歳/大学4年生)

●その他

・業績 。会社の売上高や利益率を見てみないとそこが本当にいい企業なのかわからない(女性/23歳/大学4年生)
・社員の顔を見て表情が死んでいないか。死んだ魚の眼をした社員が表に出てくるような会社はよくない(男性/23歳/大学4年生)

やはり福利厚生や残業について注視するという方が多いようです。一言で残業と言っても「残業時間について」「残業の際の対応について」また「残業代に関して」などさまざまな注目ポイントがありますので、しっかり確認すると良いでしょう。

一番確実な方法は現役の社員であるOBに直接聞くという方法でしょう。しかし、聞けるOBがいない場合は説明会や面接で社員に積極的に質問するというのも大切なポイントです。まずは自分で情報収集してしっかり判断することが大切ですね。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査期間:2017年1月
調査人数:就活を終えた大学生男女183人

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ