お客様が身近な存在に! 「BtoC」企業で働くよさ・メリット8選

お客様が身近な存在に! 「BtoC」企業で働くよさ・メリット8選

2017/01/26

就活hack

「BtoC」や「BtoB」という言葉は社会人や就活生はよく聞く言葉かもしれませんね。「BtoC」とは個人顧客相手のビジネスのこと。今回はその「BtoC」企業で働くよさやメリットについて、社会人のみなさんに答えてもらいました。

▼こちらもチェック!
あなたは潤滑油? それとも歯車? あなたにおすすめの就活キャッチコピー診断

■あなたが思う「BtoC」企業で働くよさ・メリットを教えてください。

●知名度がある

・業界第一位の企業なので、飛び込みをしてもお客様は社名をご存じの方がほとんどで、話はしやすい(男性/50歳以上/運輸・倉庫)
・会社の内容を説明しなくても、知名度があるとサービスを売り込みやすい(男性/50歳以上/医療・福祉)
・知名度があるだけで、お客様の反応も違うから(女性/30歳/その他)
・世間からの受けがいい(女性/42歳/その他)

●お客様の生の声が聞ける

・直接消費者の意見が聞けるということは、その人たちのニーズに沿った商品を提供できるから、BtoBよりもやる気が出る(男性/31歳/その他)
・「ありがとう」の一言でやる気が出るから(男性/50歳以上/食品・飲料)
・市場や消費者のニーズと合致する商品開発を行うことが会社の発展につながると思い、それに貢献できるから(男性/35歳/食品・飲料)
・企業間だと、直接のお客様の声を聞くことはできないから(女性/33歳/食品・飲料)

●世間の動向がわかる

・自分の考えることと世間では実際乖離があるから(男性/38歳/小売店)
・社会の仕組みがわかるようになる(女性/47歳/食品・飲料)
・消費者の嗜好を先取りして、製品開発ができる(男性/50歳以上/その他)
・消費者の動向が見ることができるから(男性/47歳/その他)

次のページ成果が目に見えるよさも!

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ