うまく受け流すが吉!? 圧迫面接を上手に乗り切るコツ8選

うまく受け流すが吉!? 圧迫面接を上手に乗り切るコツ8選

2017/01/25

面接

●ひるまず堂々と対応すべし!

・きついことを言われるが、強いメンタルを持って望むこと。面接官は精神力的なところもチェックしていると思うから(女性/22歳/大学4年生)
・そのようなところに行きたいなら別だが、行かない可能性が高いので、やりたいようにぶつかる(男性/23歳/大学4年生)
・相手にしない。同じ土俵に立ったら負けるから。面接官はその会社の評価も逆に自分からされていることがわかっているはずなので、最低限答えること以外はしない(男性/23歳/大学4年生)
・怖気づいてしまうと弱みに付け込まれそうだから(女性/25歳/大学4年生)

●その他

・大事な面接で水掛け論のようになってしまっては自分の良さや考えをアピールすることはできないから、腹が立ってもむやみに反論せず、一度しっかりと受け入れて噛み砕いてから自分の考えを述べること(男性/24歳/大学院生)
・反論しない。反論をうまくできるならいいが、できないのに反論してしまうと相手の思うつぼだと思う(女性/22歳/大学4年生)
・そんなことをしてくる会社には入りたくないから、もうこの会社は無理だと諦める(女性/22歳/大学4年生)
・その裏にある面接官の意図をつかむこと。面接中にそうなった場合は自分の発言に原因がある場合が多いので、面接官がどこに引っかかったのかを分析し、少しでも印象を改善できるように努める必要があるから(女性/24歳/大学院生)

面接官もしたくて圧迫面接行っているわけではないので、余裕を持って対応するのがベストのようです。無理に取り繕うと、話していくうちに出る矛盾点を修正しながら面接を行わなければならなくなるので、自分自身を追い詰めてしまいますよ。

圧迫面接を行われた時点で、気持ちが冷めてしまうという意見も多く見られました。これから自分が働いていく会社なので、面接を通した社員さんの姿をみて本当に行きたいのかどうかという判断材料にしても良いかもしれません。でも、面接官も心を鬼にしてやっていることなので、ひどいことを言われても気にしないのが一番かもしれませんよ。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査日時:2017年1月
調査人数:大学生男女152人

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ