就活経験者に聞く! 立て続けに面接選考に落ちたときに見直すべきこと8選

就活経験者に聞く! 立て続けに面接選考に落ちたときに見直すべきこと8選

2017/01/19

就活hack

立て続けに不採用通知をもらってってしまった……。メンタル的にも時間的にも、連続不採用記録を更新する事態だけは避けたいですよね。そんなときは、そのままがむしゃらに突っ走るのではなく、一度良くない点がなかったかどうか見直してみましょう。就活経験者の社会人の方々に、見直しポイントを聞いてみました。

▼こちらもチェック!
面接で不合格を受け取った時、次の面接の合格に繋げるための考え方4つ

■ 立て続けに面接選考に落ちたときに見直すべきポイントは何ですか?

●その業界・企業が自分とマッチしているか

・身の丈に合った企業かどうかを顧みる。自分の学力や能力、それに学校歴と希望する企業が身の丈に合っていなければ、いくら受けてもダメ。身の丈に合っているかどうかをさまざまな視点から検討し直すことで課題が見えてくる(男性/50歳以上/その他)
・業界ごとに向き不向きがあると思うので、その企業に自分が合っているのかを見直す必要があると思う(女性/25歳/ホテル・旅行・アミューズメント)
・その業種が自分に合っているか、自己分析をもう一度やり直す(女性/37歳/食品・飲料)
・会社の規模や希望職種が自分に向いていない可能性あるので、向いている職種を選ぶ必要があるかも(男性/50歳以上/その他)

●自己PR

・良いと思っていたPRが他の人と代り映えしなくて、アピール不足だったことがある(女性/30歳/その他)
・独りよがりな自己PRになってないか(女性/24歳/アパレル・繊維)
・自己PRしているつもりになっていても、第三者にはきちんと届いていないかもしれない(男性/50歳以上/電機)
・ちゃんと自分の体験を踏まえて話ができていないかもしれないから(男性/46歳/学校・教育関連)

●話す内容

・話す内容がしょぼいんだと思う(女性/28歳/機械・精密機器)
・先方の求めるものは何か考える。臨機応変さが必要(男性/50歳以上/建設・土木)
・ちゃんと自分のことを伝えられているかどうか、自分がその会社に必要と思わせることができていないので落ちると思う(男性/32歳/その他)
・ちゃんと面接官の質問にこたえられているか。自分で用意した答えではなく、面接官と会話のキャッチボールができているか重要(男性/37歳/その他)

次のページそもそも見た目の印象が悪いという場合も……

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ