会話が苦手な就活生が面接を突破するためのコツ8選! 経験者のアドバイスをチェックしよう

会話が苦手な就活生が面接を突破するためのコツ8選! 経験者のアドバイスをチェックしよう

2017/01/15

就活hack

面接のことを考えると、胃がキリキリ痛む。普段から自分は話し下手と感じている人ほど、面接のことを考えると不安になってしまうのではないでしょうか。今回は、会話下手な人でも面接を上手に突破する秘訣を、就活経験者の先輩方に聞いてみました!

▼こちらもチェック!
面接で相手の質問を上手に切り返すコツ

■ 会話が苦手な就活生が面接を突破するためのコツは何だと思いますか?

●練習あるのみ、模擬面接を重ねる

・練習を重ねる、暗記しないこと。練習すれば自然になれる、暗記すると忘れた時にパニックになるが、暗記しなければ落ち着いてできる(女性/30歳/医療・福祉)
・自分も会話が苦手でたくさん練習して克服した(女性/30歳/その他)
・友人ではなく、就職課の人との面接練習をたくさんする。友人とするより、目上の人とすることで慣れてくる(女性/33歳/食品・飲料)
・何度も練習すれば、本番で勝手に言葉が出てくるようになるから(女性/28歳/その他)

●大人の人との会話に慣れておく

・面接するのは自分よりもだいぶ年上の人だから、自分と違う世代の人との会話に慣れるようにする(男性/27歳/運輸・倉庫)
・いろんな年代の人と話す機会を作る(女性/30歳/運輸・倉庫)
・普段話さない年代の人が面接官というケースが多いと思うから、大人の人と話す機会を増やす(女性/50歳以上/情報・IT)

●たくさん面接を受ける

・何度もすれば慣れてくる(男性/30歳/情報・IT)
・実践経験を積む。面接でフィードバックをもらう。何度も実践しフィードバックをもらえばPDCAを回して改善できる(女性/23歳/情報・IT)
・何回かやっているうちに自信が出る(男性/30歳/医療・福祉)
・場数を踏むべき(男性/26歳/金融・証券)

次のページ他にもうまく話す方法はいろいろ!

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ