中身がよくてもアウト! 面接で落とされる就活生の身だしなみNGポイント7選

中身がよくてもアウト! 面接で落とされる就活生の身だしなみNGポイント7選

2017/01/14

就活の身だしなみ

面接

●靴が汚い


・靴が汚い。靴が汚い人は仕事ができないから(女性/27歳/その他)
・靴が汚い。靴の履き方が大事。(男性/39歳/電機)
・足元は見落としがちだけど、靴が磨かれていない人は仕事も丁寧にできないと思うから(男性/50歳以上/不動産)

●その他

・靴など脱がないと油断していたら、フローリングの職場に上がることになり、靴下が少し擦り切れて透けていて、自分で笑った。見えないからと油断はできない(男性/44歳/運輸・倉庫)
・ネクタイが曲がっている。ネクタイが曲がっていると印象がよくないから(男性/24歳/金融・証券)
・姿勢。姿勢も身だしなみのひとつだから(男性/50歳以上/情報・IT)

スーツに関する身だしなみのNGポイントがとても多くあげられていました。スーツの汚れやしわなどが、面接ではしっかりとみられているということがわかる結果ですね。

整った髪型、クリーニングされたスーツ、汚れのない靴の他、髭の剃り残しや爪の切り忘れなど、細部にわたってしっかりと気を付けることで、相手に悪い印象を与えずに済むことができます。面接の日に備えて、事前の準備をしっかりと整えましょう。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査期間:2017年1月
調査人数:社会人男女241人

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ