逃げ恥のみくりさんも陥った「就活フォビア」ってどういう意味? 経験した就活生は約3割

2017/01/06

就活hack

逃げ恥のみくりさんも陥った「就活フォビア」ってどういう意味? 経験した就活生は約3割

就活においては、たくさん会社を受ければ受けるほど、当然面接などの選考を何度もこなさなければならなくなります。2016年の大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で新垣結衣が演じたみくりさんのように、選考のプレッシャーから「就活フォビア」を経験したという就活生も少なくないのではないでしょうか。就活フォビアとは、就活恐怖症のことを表す造語です。「〇〇恐怖症」を表す「〇〇フォビア」の派生として使われており、面接などの就活の選考を受けること自体が怖くなってしまう状態を指します。ドラマの中ではみくりが叔母でキャリアウーマンの土屋百合から「就活フォビアね」と言われて落ち込むシーンがありましたが、実際の就活生も就活フォビアに陥っていると感じることはあるのでしょうか。今回は就活を終えた大学生に実態を聞いてみました。

▼こちらもチェック!
就活面接で迷ったら!あなたにぴったりの座右の銘診断

おすすめ記事


資格カタログ

マイナビ 学生の窓口 失敗しない学生生活のトリセツ

就活生のリアルが見える!就活成功体験談


人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ