【最後の一押し】内定を勝ち取る、熱意の伝え方

【最後の一押し】内定を勝ち取る、熱意の伝え方

2015/05/02

就活hack

ニュース&コラム

お役立ち情報

関連キーワード:

就活生の皆さんの疑問・質問を解消するため、Q&A方式でさまざまな就活の悩みにお答えします。今回は、「第一志望企業への思いの伝え方について」という相談です。


<就活生からの質問>

本日、第一志望の面接を受けてきました。企業からは「当社が第一志望であるとの意気が伝わってこない」と言われてしまいました。この企業では個人面接を2回しましたが、その時にも同じようなことを言われました。第一志望であるとの心意を伝えるために何か良い方法はありますか? ちなみに、志望理由はマニュアルにのっとったものでなく、すべて自分の言葉として考え、多少のジェスチャーを加えて話しました。


<就活の真実 事務局からの回答>

質問者様に入社の覚悟をさせるためのセリフかもしれません


考えられる理由として、企業側は入社への覚悟を迫るために、そのような発言をしている可能性があります。質問者様は第一志望の企業に、他企業の選考状況を伝えましたか? 伝えているのであれば、次回この企業から声が掛かった際に「内定をいただけるのであれば、他企業の内定をすべてこの場で断ります」と宣言して、企業を納得させる方法があります。ただし、あくまで後先を考えての最終手段です。


その他、企業側がそのような発言をする理由として、「志望動機が抽象的」や「質問者様のやりたいことが他社でも実現できる」と思われている可能性もあります。この場合、今一度、企業情報をしっかり読み込んで「第一志望の企業でしか実現できないこと=(イコール)質問者様が魅力に感じていること」を具体的に示す必要があると考えます。同業他社を調べて「A社にはあるがB社にはない」など、具体的な比較を提示してみてください。質問者様がなぜ当社を選んだのか、面接官も分かりやすくて良いのではないでしょうか。


後は熱意を持って、面接官の目を見て、圧倒するくらいの気持ちで、面接に臨む強い気持ちが必要と思います。頑張ってくださいね。



コンテンツ提供●プライマル株式会社「就活の真実2016」

「就活の真実2016」

「就活の真実」は、プライマル株式会社が提供する、1,300記事以上のノウハウを収録したスマホアプリ。 就活生の実体験や、企業の人事担当者の本音などの内容が人気を博している。iOS版はApp Storeから、 Android版はGoogle Playから、それぞれ無料で入手可能。

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ