【例文つき!】商社の志望動機の書き方と内定をゲットするコツまとめ

【例文つき!】商社の志望動機の書き方と内定をゲットするコツまとめ

2016/11/22

志望動機例文集

多くの学生がこぞってエントリーする人気業種である商社。しかし商社といっても総合商社と専門商社には明確な違いがあります。商社では、この違いや職種の違いを理解し、どこで自分の能力が活かせるのか、しっかり伝えることができる志望動機が評価される傾向があります。

特に総合商社は就活生に人気の一流企業ばかりが揃っているため、志望動機がしっかりしていなければ選考を通過することができません。そんな総合商社や専門商社の志望動機の例文と、作成のコツをご紹介していきます。熾烈な競争が予想されますが、勝ち残っていけるようにしっかり準備をしていきましょう。

▼商社の志望動機を作るときにも役立つ!


目次           


1. 商社とはどんな仕事をしているところ?
2. 商社の職種はどんなものがある?
3. 商社で働く魅力とは
4. 商社での仕事に向いている人
5. 商社志望動機の書き方のコツ
6. 総合商社と専門商社で求められる適性の違い
7. 総合商社の志望動機 例文集
8. 専門商社の志望動機 例文集

商社とはどんな仕事をしているところ?


先ほどご説明した通り商社には2種類あり、総合商社と専門商社に分かれます。

○総合商社
取り扱う商品が食料品から通信衛星にいたるまで非常に多い点が特徴。総合商社と呼ばれる企業は7社しかなく、三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、丸紅、住友商事、豊田通商、双日という名だたる企業があります。

○専門商社
特定の業種に特化した商社です。数多くの専門商社が存在しています。総合商社と並行して専門商社を受ける人も多いためその違いを理解し、それぞれに志望動機を変えて対応することが大切です。

商社の職種はどんなものがある?


新卒の募集では総合職・一般職というふうに書かれていることが多いですが、基本的に職種は2種類で営業と事務に分かれます。

○営業
商社の営業は世界中の生産者を調べ、よりこちらにとって有利な取引ができる交渉をするのが仕事です。現地に訪問をして直接海外の生産者とやりとりをすることもありますし、日本国内で完結する場合もあります。

商社のビジネスでは数百億規模の金額が動く大型のビジネスであり、非常にダイナミックな仕事ができるのが特徴です。営業は総合職のため転勤等の移動があり、海外駐在なども少なくありません。

【志望動機PICK UP】商社営業に内定した先輩の志望動機例文
わたしは自分が抱いた疑問をそのままにせず、解決策を模索することが好きです。専攻の研究も、アルバイトも、サークル活動も、その他もろもろが自分の「気になる」を原点として追求してきました。無論、ひとつの事を突き詰めることが好きではありますが、その範囲を狭めて「狭く、深く」あるよりは、「広く、深く」ありたいと考えています。その点で、営業という職種は広い視野を持ち、お客様のニーズと自社間の需要と供給のバランスを常に慮りながら日々の取引を進めるという点で、わたしのやってきたことを活かすことができるのではないかと考えています。
(22歳/女性/大学4年生/営業職内定)


>>商社に内定した先輩の志望動機をもっと見る


○事務
決められた時間の中で営業がとってきた契約を正確に伝票に入力し、時間内に伝送すること、電話応対、来客対応、その他書類作成などの業務があります。営業ほど残業がない分、限られた時間の中で締め切りに間に合うように正確に業務を遂行し、まわりの方が動きやすいように自発的に動くことが求められます。

自分が関わった案件で取引が決定すれば数百億が動くわけですから、スケールの大きい仕事であることが大きな魅力。なお、事務は一般職のため総合職のような海外転勤もちろん国内の転勤もありません。

【志望動機PICK UP】商社事務に内定した先輩の志望動機例文
大学で経営について学ぶうちに会計について興味を持つようになり、会計やお金の流れに携わるような環境で仕事をしたいと思いました。グループ会社の中では金融面を担当しておられるので、業務や資金面で効率性を追求しながら、それをサービスとして提供することでお客様やグループを支えている点に魅力を感じています。また、貴社はグループ内で必要不可欠な存在です。そして自分の部署はもちろん、他部署とも意思疎通や情報共有を行い周りにも気を配りながら業務を行うことで貢献し、そうすることで間接的にもグループとお客様への貢献に繋がると考えます。
(22歳/女性/大学4年生/事務・スタッフ職内定)


>>商社に内定した先輩の志望動機をもっと見る

商社で働く魅力


就活生の中でも商社で働く人は一流の人というイメージがあると思いますが、給与の高さ、ビジネススケールの大きさ、海外と日本をつなぐ仕事……などなど、スケールが大きくやりがいも大きい魅力あふれる業種です。

一社会人という立場で、数百億などの多額のお金を動かすビジネスを経験できるのが商社最大の魅力。まさに世の中が動いているど真ん中にいるという実感を得ることができるでしょう。

商社での仕事に向いている人

商社は、大きなやりがいがあると同時に失敗してしまえば大変な損害や損失につながる仕事のため、大きなプレッシャーと戦う必要も。さまざまなプレッシャーがあっても、やりがいと達成感で帳消しにできるようなメンタルを持った人が向いているでしょう。
最近では輸出入以外に資源・エネルギー開発や、IT事業、製品開発・製造などさまざまなビジネスを手がける会社も増えてきており、従来の枠にとらわれず、新しいビジネスを作っていける力も求められています。

また、高い給与が得られることも大きな魅力の1つです。大手総合商社勤務であれば30歳程度で年収1千万を超える人もいるわけですから、かなり給与の水準は高いと言えます。若いうちから大きな仕事に携わるチャンスもあるため、向上心が高い人や、30歳までに成し遂げたい短期的な目標を持っている人にはおすすめです。

一般職の場合は営業と比較すると若くして出世するのは難しいですが、同じように大きなビジネスに携わっているやりがいや、決められた時間の中で優先順位をつけて仕事をしていけるという能力を身に付けることができます。そのため、「仕事のやりがいとプライベートの充実を両方実現したい」という方におすすめのお仕事です。

どちらの職種でも海外とコミュニケーションを取る場面が多いため英語は必須と考えておいた方がよいでしょう。商社に入社したいのであればTOEICなどの英語検定試験を受け、必要なスコアを出せるように準備しておくことが大切です。

商社志望動機の書き方のコツ   


仕事のやりがいや、収入がたくさん得られる代わりに大きなプレッシャーとも戦わなければならない商社の仕事。会社としては大きなミスをされてしまうと多大な損害を出してしまうことになるので、そのあたりを理解し、正確性を持って動ける人材を求めています。大きなプレッシャーもバネとして使えるような発想の転換力や、先を見据えて動ける状況判断力などが必要となってくるでしょう。商社は、競争率が非常に高い仕事です。だからこそ、その辺をしっかり盛り込んだ志望動機を書きエントリーシート提出に臨みたいですね。

◯商社の志望動機の書き方 5つのステップ

商社での仕事の魅力や向いているポイントを頭に入れながら、この5つのステップを順に進めてみてください。

1.業界研究(総合商社・専門商社の違い、商社毎の特徴などを把握)
2.商社での仕事に役立つ経験、やりたい仕事とリンクするキャリアプランの作成
3.仕事で得られる能力とキャリアプランのマッチ度を説明できる文章の作成
4.仕事に活かせる能力の具体的なエピソード
5.仕事を通して得られる喜びがその企業で得られる理由

この5ステップを掘り下げて考えたら、文章ではなく、箇条書きで答えを書いておきます。下記の志望動機例文を参考に、その箇条書きをどう組み合わせるのが魅力的か、さまざまな方法を試してみてください。

総合商社と専門商社で求められる適性の違い


総合商社は非常に多くの商品を取り扱っていますので、苦手分野があってはいけませんし、特定の分野に対する思い入れが強すぎてもビジネスの邪魔になります。
また先ほどご説明した通り、これまでの取引から新しいビジネスチャンスを見出す力も必要になってきます。つまり新しいものを取り入れる姿勢や変化に対して柔軟に対応できるという素養が必要になります。対して専門商社は特定の分野で特定の商材を取り扱います。新しい商品ではなく新しい手法を生み出す力や、これまでのお取引を拡大できるような関係性の作り方などが必要になって来るわけです。

どちらに関しても海外との取引があることも多いため英語のスキルが必要になる可能性が非常に高いです。

総合商社の志望動機 例文集


総合商社の例文1
私が貴社を志望する理由は2点あります。1点目は生まれ育った日本の経済を発展させられる仕事ができるため、2点目は自分の働きが取引先や周囲の人の生活を豊かなものに変えられる実感を得やすい仕事であるためです。総合商社の中でも貴社を志望する理由としては◯◯分野における数十年の実績と、◯◯分野という新しいビジネスを生み出すチャレンジ精神に魅力を感じたためです。この2つの力があれば、日本をより発展させることも、より多くのお取引先を増やし、人々を豊かにすることができると感じました。海外生活で得た物事に対する柔軟な姿勢や考え方、営業のインターンで得た、交渉力を活かして貴社に貢献したいと思い志望させていただきました。


○ポイント1
「総合商社の中でも貴社を志望する理由としては◯◯分野における数十年の実績と、◯◯分野という新しいビジネスを生み出すチャレンジ精神に魅力を感じたためです。この2つの力があれば、日本をより発展させることも、より多くのお取引先を増やし、人々を豊かにすることができると感じました。」
総合商社の中でその企業でないといけない理由をこの部分で説明できていますね。はっきりと他社との違いを伝えることでその企業への志望度合いが高いことを伝えられています。

○ポイント2

自己PRの部分で交渉力がついたエピソードをプラスしましょう。その際、どのような点に注意してコミュニケーションするようになったらこんな風に相手の反応が変わったなど、読んだだけで理解できるように文章を箇条書きでまとめ、それを文章にするという方法で整理してみてください。

総合商社の例文2
私が貴社を志望する理由は人々の生活に欠かせない多くの商品を扱い、生活を豊かにすることに直結した仕事だからです。父の仕事の関係で私は◯◯で生まれ、人々の生活が商社と取引することによって豊かに変わっていく様を間近で見てきました。総合商社の中でも貴社は積極的に新しいビジネスにチャレンジされ、10年前にはなかった△△ものビジネスを生み出されました。今まで取引がなかったところから見つけ出したビジネスチャンスを成長ビジネスに変えていける可能性を感じました。入社後は厳しい環境の中でもやり方を変えて対応してきた臨機応変さと、営業と事務のアルバイトで身に付けた正確性とコミュニケーション能力を生かし貴社で貢献したいと思い志望させていただきました。」


>>総合商社に内定した先輩の志望動機をもっと見る

専門商社の志望動機 例文集


専門商社の例文1
私が貴社を志望する理由は2つあります。1つは海外売上が約半数を占めている貴社でグローバルに働きたいこと、そしてもう1つはマーケティングや用途を開発するという商売の流れを作られていることです。海外在住期間が長く、これまで3ヵ国居住した経験で身についた、柔軟に物事に対処し、取り組める能力を活かして貴社で働きたいと思い、志望させていただきました。


専門商社の例文2
私が貴社を志望する理由は100名以下という少数精鋭で60年も世界各国の食料品取引を続けていることに感銘を受けたからです。入社できた暁には貴社のような少数精鋭の組織でこれまでのお客様との取引を大きくしていくことはもちろん、新しいビジネスの流れを作っていく力も養って行きたいと考えております。イギリス留学で得た国際商取引の知識をベースに、貴社に貢献したいと思い志望させていただきました。


>>専門商社に内定した先輩の志望動機をもっと見る

まとめ


非常に人気が高くなかなか入社のハードルが高い商社。エントリーシートで落とされてしまっては面接でアピールすることもできません。決められた文字数の中で、言いたいこと全てが伝えられるようにポイントだけを別シートで列挙しておくと、すべての要素を入れ込んだ志望動機を作ることができますよ。ご紹介した5つの方法とともに、ぜひ試して憧れの商社の内定を手に入れましょう!

▼こちらもチェック!
志望動機の書き方と例文集 一覧


執筆:高下真美(ナレッジ・リンクス)
新卒でインターンシップ紹介、人材派遣・人材紹介のベンチャー企業に入社。ベンチャー企業から大手IT・流通・情報・サービスなど多岐に渡る業種で営業・コーディネーターを担当。その後、大手採用コンサルティング系企業で8年の勤務を経て、夫の転勤を機に退職。現在は人材系コラムの記事執筆など、フリーライターとして活動中。

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ