面接でESに書いた特技を「実際にやってみて」と言われた就活生は約1割! 「手品を披露」

面接でESに書いた特技を「実際にやってみて」と言われた就活生は約1割! 「手品を披露」

2016/11/21

就活hack

面接でESに書いた特技を「実際にやってみて」と言われた就活生は約1割! 「手品を披露」

面接やエントリーシートでよく聞かれる自分の特技。何をかけばいいのか悩む就活生も多いでしょう。そんな特技ですが、面接官の前で実際に披露したことがあるという話もたまに聞きますよね。実際に就活を経験した先輩の中に面接官の前で実技披露した人はどのくらいいるのでしょうか? 先輩たちに話を聞いてみました。

▼こちらの記事もチェック!
履歴書・ESの趣味・特技欄に何を書けばいい?

■特技の欄に書いた内容を面接の際に「やってみて」といわれた経験はありますか?

ある 14人( 5.6%)
ない 235人(94.4%)

「ない」が圧倒的多勢を占めたものの、「ある」という人も5%はいるようです。実際にどのような特技を披露したのか気になりますよね。話を聞いてみましょう。

■ある
●持ち芸を披露した

・モノマネが得意と書いたらやってほしいと言われた(女性/22歳/大学4年生)
・文字を書く(女性/21歳/大学4年生)
・手品をすることを特技と書いてたら、面接官の持ち物を消して違う色にするマジックをやった(女性/23歳/大学院生)
・韓国語を話してと言われた(女性/20歳/短大・専門学校生)

●意外な質問

・「人の名前と顔を覚えること」と書いたら、二次面接の時に「一次面接の人事の名前覚えている?」といわれた(女性/22歳/大学4年生)
・長所に人を笑顔にする力と書いたため「具体的にどのように笑顔にしますか?」と聞かれた(女性/23歳/大学院生)
・人を笑わせることと書いて、実際のエピソードを聞かれた(女性/22歳/大学4年生)

次のページ一方、特技を披露しなかった人にもちゃんと理由が…

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ