文学部の学生に人気の就職先はどんな業種? 最新の就職状況をチェック

文学部の学生に人気の就職先はどんな業種? 最新の就職状況をチェック

2016/11/16

アンケート・調査

文系の学部を代表する学部の1つが「文学部」ですよね。大学によっては「人文学部」という名称が用いられていたりもします。さてこの文学部ですが、卒業後はどんな職業に就く人が多いのでしょうか? 今回は、「文学部の就職事情」についてまとめてみました。

▼こちらもチェック!
大学で学んだ内容は就活の志望業界に影響した? 「しなかった」と答えた大学生の割合は……

■文学部からは金融系の仕事に進む人が多い!

文学部の学生が卒業後にどんな業種に就いているのかを調べてみました。対象としたのは東京大学、京都大学、早稲田大学、慶應義塾大学の4大学です。各大学文学部の就職先上位5つは以下の通りです。
※業種の表記は各大学の公表データの表記に合わせています

●東京大学の場合
・金融業/保険業……38人
・情報通信業……37人
・製造業……27人
・生活関連サービス業/娯楽業……16人
・公務……15人
※東京大学の概要 2016年度版より

卒業生311人のうち、就職したのは201人。その中で最も多くの人が就いた業種が「金融業/保険業」です。この数字は全学部で経済学部、法学部に続く人数となっています。僅差で「情報通信業」、そして「製造業」が続きます。また同大の他学部と比べると「生活関連サービス業/娯楽業」に就く人が多いのが特徴です。

●京都大学の場合
・情報通信/運輸/郵便業……29人
・サービス業……23人
・金融/保険業……21人
・製造業……17人
・公務員……16人
※平成28年3月学部卒業者の進路状況より

京都大学では211人中121人が就職しており、そのうち「情報通信/運輸/郵便業」に就いた人が29人と最多。その次に多いのが「サービス業」で23人。「金融/保険業」は21人です。また、京都大学の文学部は、同大法学部に次いで「公務員」になる人が多いようです。

次のページ続いて有名私立2校の文学部の就職先は?

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ