OB・OG訪問が終わったら送りたい! お礼メールの書き方と例文

OB・OG訪問が終わったら送りたい! お礼メールの書き方と例文

2016/11/04

就活マナー

◆誤字脱字にはくれぐれも注意しよう


お礼メールだけではなく、ビジネスでのメールでも最も失礼にあたるのが“誤字・脱字"です。どの企業や職場でも誤字・脱字には非常にシビアであり、間違いがあれば取引自体がなくなる可能性があります。確かに誤字・脱字すら見抜けない相手であれば、ビジネスは任せられないと誰でも考えます。それはOB訪問のお礼メールも同じことです。もしお礼メールに誤字・脱字があれば感謝の気持ちが一転して、失礼なメールになってしまいます。そうならないために何度も繰り返しチェックすることが大切です。

◆OB訪問のお礼メールの例文

お礼メールの書き方の一例をご紹介。参考にして自分らしさを加えましょうね! ■例文 件名 OB訪問のお礼 ○○会社 ○○部 ○○様 ○○大学の(自分の名前)です。 本日はお忙しい中、貴重なお時間をいただき、誠にありがとうございました。 【ここに訪問によって理解できた内容を伝えます】 【そして印象に残ったエピソードに触れ、自分の気持ちも加えるとグッド】 またご質問させていただくこともあるかと存じますが、 その折はよろしくご指導をお願いいたします。 就職活動が終了しましたら、あらためて結果をご報告させていただきます。 本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。

◆さいごに

就活生にとって大切なOB・OG訪問の締めくくりとなる、“お礼メール"の書き方や注意点などをご紹介しました。相手の方が社会人である以上、お礼メールはビジネスメールと同じ扱いです。失礼のないように心がけ、ビジネスマナーを守りましょう。また現代のビジネスシーンではメールの重要性が高く、社会人になるためには必須のマナーです。この機会にポイントを覚えて身につけておくと、就職してからも必ず役立つのでマスターしておきましょう。

文・学生の窓口編集部

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ