就活の面接で「将来の夢」を聞かれたときの上手な答え方とは?

就活の面接で「将来の夢」を聞かれたときの上手な答え方とは?

2016/10/29

就活hack

関連キーワード:

就活中の面接で、よく質問される『将来の夢』について。「将来の夢なんて実際によく考えたことない……! 」という方も多いのではないでしょうか。実際に質問される可能性がある以上、対策を考えておかなくてはなりませんよね。採用担当の方は、将来のビジョンをもってその企業の仕事にどのように行動、貢献してくれるかを知りたいと思っています。今回は、面接での受け答えがしやすい、自分の将来のビジョン、夢の見つけ方、受け答えのポイントについて、ご紹介したいと思います。

◆将来の夢を見つける方法とは

将来の夢やビジョンは、就活が始まる前までにある程度形にしておいた方が、文章がまとめ易くなります。本来であれば、将来の夢は時間をかけて探して磨いていくものですので、付け焼き刃ではやはりボロが出てしまいます。自分の熱中できるものや、人との出会いで感じたこと、会話の端々に自分が興味を持つものが何なのかを見つけていくといいですね。次に、その気になるもの、熱中してできるものについての知識を増やしていきましょう。説得力のある回答ができるように事前にじっくりと考えておきましょう。

◆就活の面接で将来の夢を聞かれる理由

採用担当の方が面接で『将来の夢』を聞く理由は、先を見ながら与えられた仕事に取り組めるか、また与えられた仕事だけでなく能動的に動けるかなどを判断するためです。あまりにも抽象的な答えでは採用担当者も企業に必要な人材なのか、そうでないのかが判断できません。できるだけ具体的に答えられるようにしておきたいですね。将来の自分の姿を見据えて行動できるか? 3年後、5年後に仕事を通してどのような自分になっていたいか? などをしっかりと答えられるとよいでしょう。

次のページつづきはコチラ!

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ