就活面接の流れまとめ マナーを押えて好印象をゲットしよう!

就活面接の流れまとめ マナーを押えて好印象をゲットしよう!

2016/10/18

就活hack

就活面接の流れまとめ マナーを押えて好印象をゲットしよう!

就活での最重要ポイントになる面接。人の印象は第一印象で決まるともよく言われます。会社側は就活生を学生としてではなく、すでに社会人として見ています。採用担当者に好印象を持ってもらうためにはどうしたらいいのでしょうか。緊張のあまりスタートで失敗して頭が真っ白になってしまった、なんていうことにならないよう、面接にいく前に入室から退室までの流れや、社会人としてのマナーをしっかりと学んで、面接を成功させましょう。

◆面接の前もマナーは見られている!

面接官にいい印象をもってもらうためにはどうしたらいいのでしょうか。まずは「身だしなみ」が、やはり重要ですね。時間に余裕をもって面接会場に到着したら、トイレで身だしなみチェックをしましょう。寝癖や髪の乱れ、男性は髭の剃り残しや、女性は化粧直し、歯や顔が汚れていないかなどをチェックしておきたいですね。また、スーツが汚れていたり、シワがついていないか、靴が汚れていたりストッキングが伝線していたりしないかなども確認しましょう。そんな細かいところまで! と思われる方もいるかもしれませんが、一つ一つの印象がやはり重要です。

◆面接で入室するときの流れ

面接の前は、指定の場所で自分の名前が呼ばれるまで待ちます。名前を呼ばれたら、返事をして立ち、3回ほどゆっくりとノック。「どうぞ。」と聞こえたらドアを開け、「失礼します。」と言って入室します。ドアを閉める時は面接官に完全に背中を見せないように、静かにドアを閉めましょう。「よろしくお願いいたします。」と挨拶をし、椅子の横に立ちます。面接官から「大学名と名前をお願いします。」と言われたら、「◯◯大学、◯◯学部の◯◯と申します。本日はよろしくお願いいたします。」と落ち着いて挨拶してください。「お掛けください。」と面接官から言われた後に「失礼します。」と一礼してから腰掛け、カバンは椅子の横に置きます。

次のページ面接で退室するときの流れは?

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ