これで完璧! 面接の日程調整メールの書き方【例文つき】

これで完璧! 面接の日程調整メールの書き方【例文つき】

2016/10/06

就活マナー

面接

関連キーワード:

◆日程を調整してもらった際の返信メールの書き方

日程を調整してもらったら、それに対するお礼メールも丁寧に書きましょう。

件名:Re:二次面接のご案内

株式会社〇〇
〇〇部 〇〇様
いつもお世話になっております。
〇〇大学〇〇学部の〇〇でございます。

この度は、お忙しいなか二次面接の日程を調整していただき、
誠にありがとうございました。
それではご指示いただいた
〇月〇日16:00~
〇〇ビル1F
に貴社に伺わせていただきます。

当日はどうぞよろしく願い致します。

◆日程調整メールのNG例

日程調整メールのなかには、よくない印象を与えかねない、避けた方がよい例もあります。都合がつかない理由を伝えなくてはと、正直に他社の面接が入っていると伝えるてしまうと、他社を優先する野かと思われてしまうかもしれないため、避けた方がいいでしょう。また、前日や当日など直前のキャンセルもマナー違反です。企業側も直前にキャンセルされると日程調節が難しいですし、貴重な時間を無駄にしてしまうかも知れません。企業に面接する時間を用意してもらった以上、都合がつかなくなった際は丁寧な対応を心がけましょう。

◆さいごに

採用担当者は1日に膨大な量のメールをチェックしています。そのため、極力シンプルかつ丁寧で、明確な日程調整メールを書くように気をつけましょう。日程調整をお願いするときも、日程の候補を必ずいくつか出して、企業側に負担が少ないように心がけてください。メールマナーをしっかりと身につけて、好印象のメールで内定に近づきましょう!

文・学生の窓口編集部

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ