【仕事に役立つ資格カタログ】給与計算実務能力検定

【仕事に役立つ資格カタログ】給与計算実務能力検定

2016/07/29

語学・資格


BATIC(国際会計検定)

給与計算実務能力検定

ビジネス能力検定

簿記

ビジネス実務法務検定試験

秘書検定

Webクリエイター能力認定試験

LPIC

銀行業務検定

宅地建物取引主任者

ファイナンシャル・プランニング技能検定

調理師

医療事務

通関士

甲種危険物取扱者

食品安全検定

PRプランナー資格

総合旅行業務取扱管理者

カラーコーディネーター検定試験

環境社会検定試験(eco検定)

社会福祉士

薬剤師

貿易実務検定

DTPエキスパート

給与計算実務能力検定

【仕事に役立つ資格カタログ】給与計算実務能力検定

どんな検定?

給与計算の基本的なルールはもちろんのこと「税」や「保険」に関する知識を学ぶことができる検定です。

こんな仕事に役立つ!


資格取得者にインタビュー!

H.Aさん
ソフト開発 販売会社勤務。

●資格を取ったきっかけは?

私が担当しているお客様が主に給与実務に関わる部門でした。もちろんそれまでも基礎的な知識はありましたが、全体をつかめていなかったと思います。私自身の知識も深めていく必要があり、受験することを決めました。

●現在の仕事のどんなシーンで役立っていますか?

顧客の立場が理解できるようになったので、どのタイミングでどういうサービスが必要なのか、より具体的な提案ができるようになりました。実務に直結する資格なので総務系の事務系職種の就職にも有利ですし、労働ルールの理解は営業職や企画職のスキルアップにも繋がりますよ。

●試験のための勉強期間は?

2~3週間です。

●苦労したことは?

給与明細上の各項目がどのように計算されているのかの知識はある程度ありましたが、細かい社会保険制度や事務手続きについては実務を担当していないこともあり、学習に苦労しました。また、検定創設後1回目の試験受験だった為、過去問題がなく、試験の傾向をつかむことが出来なかったので試験当日まで不安でした。これから受験される方は模擬試験講座などで過去試験問題の対策をされると安心して本番試験に臨めるかと思います。

●どのように試験勉強をしましたか? 勉強のコツを教えてください。

通勤時間に「一般社団法人実務能力開発支援協会」が開催する対策講座のDVDを見ながら勉強しました。初めに社会保険の仕組みや労働法令、所得税・住民税等の税法等、給与計算のベースになる部分を学び、その後、計算問題対策として、検定公式テキストの計算事例や巻末の演習問題を繰り返し確認しました。計算過程で毎回躓く箇所をチェックし、弱点を克服。時間を掛けずに計算問題が解けるよう準備をしました。万遍なく勉強することで、自分の得意不得意が把握でき、試験当日も時間配分や解答する順番などの参考になりました。


■試験日程

●2016年10月30日(日)
【2級】10:00~12:00
【1級】14:00~16:00
※出願締切:9月12日(月)

●2017年3月20日(月・祝)
【2級】14:00~16:00

■公式サイト

http://jitsumu-up.jp/

就活スタイル 広告企画/提供 一般社団法人実務能力開発支援協会

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ