就活に活かせる! ゼミでの活動のまとめかた

就活に活かせる! ゼミでの活動のまとめかた

2016/07/18

就活の基礎知識

関連キーワード:

■成果を自己PRにつなげる

ゼミ活動の内容を伝えるからには、それを自己PRにつなげる意識を持ちましょう。必死になって研究活動を行ってきたからにはその内容に対して興味を持っているはずです。それに興味を持ったのはなぜかというところから始まり、ゼミ活動をしている過程でどのようなことを考えてきたかをまずはよく分析してみましょう。そして、成果がどのように自分と関連しているかを考察してみるとPRポイントが自然と見えてきます。

就活でゼミ活動について伝えるときには成果の大小にかかわらず自分の特技や特徴としてアピールすることが大切です。大きな成果を上げられたのは自分の独自の視点から考察を行った結果であるといったアピールができれば理想的でしょう。たとえ成果として胸を張れるものがなかったといしても、これほどの困難があったにもかかわらず工夫を重ねてきたのだということを伝えることに価値があります。すると、その我慢強さと執念深さ、工夫をするための発想力を鍛えてきた経歴をアピールできるでしょう。とにかくどのような成果でもプラスに解釈して自己PRにつなげようという意識を持つことが大切です。

■企業側に与えるメリットも必要

ゼミ活動は専門的内容が多いため、直接的に企業との関連性を導き出すのが難しい場合もあります。その活動内容が就職してから直接的に戦力になるスキルを身に付けられるものであれば、それを企業側のメリットとして理解してもらえるように内容を説明しましょう。自己PRにも直結するため、最も就活を有利にする道になります。しかし、直接的な関連性が持てない場合にも、いかにして関連付けるかを熟考してみることは欠かせません。

専門的な活動を行ってきたにもかかわらず、それとはまるで違う業界で働くのだとしたらなぜだろうと思われてしまう可能性もあります。ゼミ活動での経験を無駄にしないためにも、ゼミでの活動内容をどう活かしていきたいのかをしっかり考えた上で面接に望むのがいいでしょう。

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ