女子学生必見!好印象をゲットするメイクのポイント

女子学生必見!好印象をゲットするメイクのポイント

2016/07/09

ヘアメイクの基本


女性学生の中には、就職活動をする際にどんなメイクをしたらよいか悩む方も多いでしょう。特に面接では、見た目の印象から人となりを判断されてしまう可能性があります。

逆に言えば、面接官に好印象を与えるメイクを身に付けておけば、第一印象をアップさせることも可能に。

そこで今回は、就職活動で好印象をゲットできるメイクの特徴とポイントについてご紹介します。

■控えめかつ自然な目元から

女子学生が就活をする際に気を付けておきたいメイクのポイントは、清潔感と知性、そして意欲が伝わるメイクを心掛けることです。新人らしいフレッシュさが現れている人は、面接官からも好印象が得られます。

就活にアイメイクは必要なのか、と思う方もいらっしゃるかもしれません。ですが、全くのノーメイクだと、目元がぼんやりしすぎてしまい、意欲が伝わりづらい可能性も。反対に、気合が入り過ぎたアイメイクでは、派手に見えてしまって面接の場面にはふさわしくありません。面接官に意志や熱意をしっかり伝えるためにも、控えめで自然に見える目元に仕上げましょう。

目元の化粧アイテムとして一般的なのが、アイシャドウとアイライン、マスカラです。肌の色ともよく馴染むベージュ系やブラウン系アイシャドウは、目元にさりげないアクセントを演出できます。アイラインは決して太くせず、細めに引くと、きつい印象になるのを防げます。マスカラを付ける際には、根元部分からしっかり塗れば、ダマにならずに塗りやすくなります。ダマができてしまうと、就活の際に清潔感がなくなってしまうので、丁寧に塗っていきましょう。

■下地はナチュラルかつ薄めを意識して

就活で好印象を得るメイクは、目元と同様にベースメイクも重要です。ここでの基本は、薄めでナチュラルに見えること。下地とファンデーションの色は、自分の肌色に合う色を選ぶと、ナチュラルな仕上がりになります。また、ファンデーションが厚塗りになってしまうと、「化粧が濃い人」という印象が強くなって、かえって逆効果になってしまうので注意しましょう。

特に就活中は、忙しくなるために睡眠時間が足りなかったり、食事も不規則になりがちです。そういった日が続くと、肌がくすんだり、クマができやすくなるので、コンシーラーでクマやくすみをしっかりカバーしてから下地を重ねます。ベースメイクが丁寧にできていると、肌がきれいに見えるので好印象につながりますし、きちんとしている印象を持ってもらうことができます。気になる部分をコンシーラーでカバーしておけば、ファンデーションは厚く塗らずに済むので、老けた印象にもなりません。

就活の疲れが肌に出てしまっている時は、メイクする前のスキンケアを念入りにしましょう。化粧水、乳液などで肌を十分保湿してから下地を塗ると、化粧崩れも防ぐことができますし、粉吹きも予防できて一石二鳥です。ツヤのある健康的な顔を印象付けたい場合は、パウダータイプではなくリキッドファンデーションを薄く伸ばすのが効果的です。

次のページ眉と口紅、チークの就活メイクは?

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ