就活のネクタイの選び方 面接で好印象を与えるネクタイとは?

就活のネクタイの選び方 面接で好印象を与えるネクタイとは?

2016/07/08

就活アイテム

面接

■実際に結んでみる

ネクタイ選びをする上では、ただ手にとってみただけで選ばないようにしましょう。実際に身に着けてみると、お店で手にとって見ていたときとは印象が異なることがあります。また、リクルートスーツの色や柄もネクタイの色を選ぶ際に大きく影響します。肌の色やもともと持っている雰囲気の影響も考えてみる必要があるため、就活ネクタイを選ぶ際には、実際にリクルートスーツを着たときのことを考えてネクタイを試着してみましょう

もともと落ち着いた雰囲気を持っている人が落ち着いた色合いのスーツを身にまとっていると、ネクタイは水色や黄色など少し明るめのものを選んだ方が意外に好印象になる場合があります。逆に明るいイメージが強い人の場合には、色の濃い紺色を選ぶと落ち着きがあるように見えるでしょう。自分が本来持っている雰囲気やスーツとのバランスが大切になるため、実際に結んでみる、人に見立ててもらうなど工夫して選ぶことをおすすめします。

■柄や模様ごとの印象とは?

実際に結んでみるにしても、どのような柄や模様が良いのかで悩んでしまう場合もあります。試着してみても今ひとつしっくりとこないという人は、柄や模様ごとに異なる一般的な印象についてある程度知っておくと便利です。

就活でよく選ばれるのはレジメンタルとも呼ばれるストライプです。最もよく見られるネクタイの1つであるため、無難な選択肢として言えます。ストライプが太いほどカジュアルな雰囲気になって主張しやすいため、細めのものか太さが交互になっているものが、就活向きです。

次に、おすすめなのがチェックです。カジュアルな雰囲気を与えやすいものの、若く明るくて元気な印象を与えるのに向いているのが特徴です。それに対して上品な印象を与えるのに適しているのが水玉であり、ドット柄とも呼ばれます。個々のドットがあまり大きいとカジュアルすぎるため、就活の際には小さめのドットのものを選ぶとックな雰囲気があって大人っぽさを醸し出せます。チェックと対にして考えると自分の印象をより若々しく見せたり、大人らしく見せたりすることができます。

就活ネクタイの選び方はいかがでしたか? 今回ご紹介した方法を参考に、自分に合ったベストなネクタイを選びましょう。

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ