「天職」って一体どんな仕事のこと? 社会人に聞いてみた! 一番大事なポイントは……

「天職」って一体どんな仕事のこと? 社会人に聞いてみた! 一番大事なポイントは……

2016/06/20

就活hack

たくさんの企業にエントリーしたり、何度も面接を受けていく中で「結局自分に合った仕事って何なのかな……」と思ったりしませんか? 就活中は無我夢中で、何が自分に向いている仕事なのか冷静に見るのは難しいものです。そこで、社会人になったからこそわかる「天職とはこんな仕事だ!」ということを1~3年目の若手社員に聞いてみました。

■あなたにとって天職とはズバリ、どのような仕事だと思いますか?

第1位 楽しい……86人(21.4%)
第2位 人の役に立つ……48人(11.9%)
第3位 自分らしさを出せる……43人(10.7%)
第4位 能力を最大限発揮できる……42人(10.4%)
第5位 自分を成長させる……41人(10.2%)

2位以下に差を付けて1位となったのは「楽しい」でした。多くの人にとって仕事が楽しいと思えるかという点が、自分にとって天職かどうかを判断する基準になっているようです。では、1~5位まで、それぞれなぜそのポイントを選んだのか理由を見てみましょう。

■1位 楽しい

・「楽しい」という気持ちがなければ続かないと思うから(女性/27歳/商社・卸)
・楽しくなかったらつらいことも乗り越えられないから(女性/26歳/金融・証券)
・楽しく仕事をしてこそ成長できるから(女性/24歳/情報・IT)
・自分自身が楽しいと思えることが何よりも大事なことだから(男性/26歳/その他)

楽しくなければその仕事を続けられないという意見が多いようです。やりがいや成長も仕事を続けていくからこそついてくるもの。楽しいと思えるかどうかが、すべてにつながってきますね。

■2位 人の役に立つ

・人の役に立てれば落ち込んだときもやりがいがあるから(女性/23歳/医療・福祉)
・誰かに喜んでもらえると、自分も幸せな気分になるから(男性/24歳/商社・卸)
・うまくいったときに一番達成感があるから(女性/27歳/医療・福祉)
・人の役に立っていると思うと、仕事の成果に対しても正しいと考えられるから(男性/24歳/金融・証券)

役に立つことができれば、自分だけではなく相手にもよろこんでもらえます。誰かのためになったとわかれば、その仕事をやってよかったと素直に思えますし、つらくても続ける意味になりますよね。

■3位自分らしさを出せる

・自分に嘘をついていてはどんなに稼げても天職ではないと思う(男性/24歳/その他)
・マニュアル通りにしかできない仕事はうんざりしてくるから(女性/24歳/医療・福祉)
・のびのびと仕事をすることによって、自分も周りの人も明るくなれると思うから(女性/23歳/金融・証券)
・自分らしさを出していろいろと取り組みたいから(男性/25歳/食品・飲料)

自分で工夫したり、自分で考えて取り組むことができる仕事こそが「天職」だという意見も。マニュアルのように決められた仕事だけならば、「自分じゃなくても……」という気持ちになってしまいます。

次のページ〇〇を発揮できる場所!

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ