【仕事に役立つ資格カタログ】宅地建物取引主任者

【仕事に役立つ資格カタログ】宅地建物取引主任者

2015/04/20

語学・資格


BATIC(国際会計検定)

給与計算実務能力検定

ビジネス能力検定

簿記

ビジネス実務法務検定試験

秘書検定

Webクリエイター能力認定試験

LPIC

銀行業務検定

宅地建物取引主任者

ファイナンシャル・プランニング技能検定

調理師

医療事務

通関士

甲種危険物取扱者

食品安全検定

PRプランナー資格

総合旅行業務取扱管理者

カラーコーディネーター検定試験

環境社会検定試験(eco検定)

社会福祉士

薬剤師

貿易実務検定

DTPエキスパート

宅地建物取引主任者

どんな資格?

不動産業界で多くの人が持つ資格「宅建」。不動産の売買など、取引の際に必要となる国家資格です。

こんな仕事に役立つ!


資格取得者にインタビュー!

山田花恵さん
36歳
小売店で販売職を担当。2007年に宅地建物取引主任者を取得。

●資格を取ったきっかけは?

勤務先で不動産業を取り扱うことになり、主任資格所有者が必要になったため取得しました。

●現在の仕事のどんなシーンで役立っていますか?

書類などを作る際に必要な、専門的な知識が役に立っています。この資格は不動産業はもちろん、金融業・住宅メーカーの方にもいい資格だと思います。また、簡単な法律についても勉強するので、日常生活でも役立つのではないでしょうか。家を買ときや借りるときに便利な知識も身につきますよ。

●試験のための勉強期間は?

1年ほど

●苦労したことは?

不動産に関しての知識がまったくのゼロだったので、専門用語を覚えるのに苦労しました。

●どのように試験勉強をしましたか? 勉強のコツを教えてください。

最初は独学でしたが、歯が立たなかったためスクールに1年通いました。勉強のコツは過去問を何度も解く事。法改正は必ず出るのでチェックしてください。また、もし独学がキツかったら早めに予備校などに行ったほうがいいかもしれません。

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ