ダボダボスーツは印象NG!好感を与える身だしなみポイント

ダボダボスーツは印象NG!好感を与える身だしなみポイント

2014/12/21

ニュース&コラム

無断欠席や遅刻と同様に、就活中の学生が企業の人に悪い印象を与える危険があるのが、「身だしなみ」です。清潔感のある身だしなみをするというのは当たり前のことですが、例えば、建物に入る前にコートや帽子を脱ぐといった、社会人として当たり前のことができていない学生が毎年非常に多いです。説明会の時には参加する学生のリストを作成しているので、すぐにその場でマナーをチェックされてしまうこともあるでしょう。

また、意外と知られていませんが、人事の目からすると多くの学生がスーツのサイズが合っていないように感じてしまいます。ちょっと大きめのサイズを着ている人が多い傾向がありますね。サイズが合っていないと、ダボっとして鈍クサい印象を与えてしまいます。

靴が汚れているのもNGです。就活が忙しくなってくると、毎日履く靴がつい汚れがちに。でも、「オシャレは足下から」というように、チェックされやすい部分でもあります。靴の手入れが面倒だと思う人は、せめて黒くて汚れが目立ちにくい靴を選ぶと良いと思います。

身だしなみは、特に第一印象が重要視される業種・職種においては、実は結構重要な要素になります。一度ついた印象というのはなかなか拭い去ることができないのが人間の性分です。悪い印象がついてしまうと、そこから逆転するには非常にパワーが必要です。言わば借金のようなもので、どんどん負の要素が膨らんでいってしまうのです。逆に良い印象であれば、言ってみれば貯金のようなもので、利子がどんどんついていく可能性があります。まずは「第一印象を良くする」ということを意識してみて下さい。建物に入る前から、人事の人が皆さんを見ていることもあります。人前でだけちゃんとしてもダメです。普段からしっかり意識しましょう。男性の場合はワイシャツやジャケットだけでなく、ネクタイのしわ、よれなどにも注意しましょう。

コンテンツ提供●プライマル株式会社「就活の真実2016」

「就活の真実2016」
「就活の真実」は、プライマル株式会社が提供する、1,300記事以上のノウハウを収録したスマホアプリ。就活生の実体験や、企業の人事担当者の本音などの内容が人気を博している。iOS版はApp Storeから、Android版はGoogle Playから、それぞれ無料で入手可能。

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ