「言ったら人に笑われる……」真面目な人ほど見逃してしまう自分の長所【企業サイドから見る「自己分析」18】

「言ったら人に笑われる……」真面目な人ほど見逃してしまう自分の長所【企業サイドから見る「自己分析」18】

2015/04/09

志望動機

自己分析

企業研究

■長所は「平凡で地味なこと」に隠されている

真面目で人一倍努力するというタイプの人ですが、 実はこういった人に限って、自分のすばらしい長所を長所だと認識せずに、見過ごしてしまうことがあります。

実際に前述した学生もそうでした。 努力することは自分にとって当たり前だし、華やかなキーワードではないと感じていたので、表にあがってこなかったのです。

非常にもったいない話でした。

「人一倍努力できる」のはあくまで一つの例ですが、学生が自己分析をする際は、こういう


「自分にとっては当たり前のこと=他人にとっても当たり前のこと」
「言うと、他人に笑われるんじゃないか? というくらい、平凡で地味なこと」


と、 勘違いして見過ごしてしまうことが必ずあると思います。でも、それが一番すばらしいものなはずです。

*******

「真面目で毎日学校に行ってノートを取っている」
「学校やバイトをしながら家事を毎日やっている」
「妹か弟の保育園の送り迎えを毎日やっている」

*******

自分では当たり前のことを、「華がないからアピール材料にはならないんじゃないか」と勝手に判断してしまうかもしれないですが、意外とこういう普通のところに、自分の良さや、本質を表す材料が眠っていたりします。

「そんなものは使えない!」という感じで、良いところを見せようと無理やりキーワードを拾ってきて、自己PRを作ってしまうから、面接官には違和感しか残らない。そして不合格となる……。そんな悲劇が起きてしまうんです。

これを避けるためにも【質問1】の答えと「働く動機」は、本音ベースで書いていきましょう。就活に王道はないけれども、効果的な方法論をあげるとすれば「本音ベースこそ、その答えである」と考えています。

次回はこのシリーズでも少し書いた、「自己PRのNGワード」についてお伝えしていこうと思います。


文・コンテンツ提供●安藤恒久

【プロフィール】
東京農工大学農学部卒。その後福山大学大学院工学研究科修士課程修了。1996年、大手飲料食品メーカーに入社。主に経営部門で会社組織運営に携わる。その後は、ブライダル業界に転身。管理部門の責任者として株式公開業務担当。以降、雑貨商社、IT、教育など多様な業界で事業構築を行う。2005年6月から始めた、「会社側の本音」と「就活生の自信構築」をコンセプトに書き連ねたブログ『会社サイドの就活日記 ~面接は怖くない!企業と面接官の本音を知ってください!~』は毎年 数多くの就活生や新社会人のバイブルとして支持されている。

『会社サイドの就活日記 ~面接は怖くない!企業と面接官の本音を知ってください!~』
http://ameblo.jp/yansono/

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ