「客観的」は「冷めてる」こととほぼイコール? 企業が評価する「客観的な人」とは?【企業サイドから見る「自己分析」17】

「客観的」は「冷めてる」こととほぼイコール? 企業が評価する「客観的な人」とは?【企業サイドから見る「自己分析」17】

2015/04/08

企業研究

自己分析

■企業が評価する「客観的な人」

みなさんは、大勢の飲み会が、自分のツボにハマらない、つまらない時って、どういう態度になりますか?

ちなみに私は、大勢の飲み会は嫌いでした。

好き嫌いで言えば、今でも嫌いです。私は、つまらないというオーラを、思いっきり醸し出していたし、できるだけそういう飲み会には参加しないようにしていました。

この飲み会を、仕事に置き換えて考えてみましょう。

学生時代は、嫌いな飲み会(仕事)には、参加しなくてもそれほど問題にはならないけど、社会人になったら、つまらない飲み会(仕事)であっても、自分の嫌いな飲み会(仕事)であっても、参加して盛り上がらないといけない。

理由はそれでお給料をもらっているから。

企業が評価する「客観的な人」というのは、以下の様なタイプの人で『状況判断が出来る人』と言い換えてもいいと思います。

*********

【1】今取り組んでいる仕事の「真の目的は何なのか?」を見据えて、仕事をこなしていく人
【2】「自分の役回りは何なのか?」を冷静に見出せるタイプの人
【3】視野を広く持って、現状のやり方に固執せず、いろいろなやり方が見える人

*********

そんなポテンシャルを持った人が、企業の求める「客観的な人」です。【3】の「いろいろなやり方」に、自分の好き嫌いは考慮されないので気をつけましょう。

度々書きますが、企業は利益を出してナンボの世界。社会人にとって当たり前の価値観が、学生の頭からはスッポリ抜けていることが見受けられます。

利益を出すというのは、自分の役回りを理解して、仕事を効率的にこなす必要があるということ。

結局は「客観的な人は、行動力も求められる」ということですね。

自己PRで、どんなキーワードを使って自分を表現しようが、企業が見たいのは、

「果たして学生は企業の利益に貢献してくれそうか? 費用対効果はあるか?」

のみです。

ここにつながらなければ、企業サイドはどう評価してよいか判りません。入社した後に、吉と出るか凶と出るか、不安が払拭できない学生は、最終的に落とすことが多いのが現実です。

ちなみに、学生時代の私のように、鼻っ柱が非常に強い方もたくさんいるでしょうが、安心して下さい。

企業に入って、現実を知ったり、厳しさを知ったりすると、自然と丸くなって、いい具合に進化していきます。

その後に見えてくる世界も絶対にありますから、悲観的にならず、楽しく前向きに考えましょう。

ここまでは、よくありがちな自己PRのキーワードについて書いてきましたが、次回からは「自分では見過ごしてしまう自分の良さ」(ダイヤの原石)について書いていきます。


文・コンテンツ提供●安藤恒久(株)

【プロフィール】
東京農工大学農学部卒。その後福山大学大学院工学研究科修士課程修了。1996年、大手飲料食品メーカーに入社。主に経営部門で会社組織運営に携わる。その後は、ブライダル業界に転身。管理部門の責任者として株式公開業務担当。以降、雑貨商社、IT、教育など多様な業界で事業構築を行う。2005年6月から始めた、「会社側の本音」と「就活生の自信構築」をコンセプトに書き連ねたブログ『会社サイドの就活日記 ~面接は怖くない!企業と面接官の本音を知ってください!~』は毎年 数多くの就活生や新社会人のバイブルとして支持されている。

『会社サイドの就活日記 ~面接は怖くない!企業と面接官の本音を知ってください!~』
http://ameblo.jp/yansono/

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ