事務職の志望動機はどう書く? ESの書き方で意識したい4つのポイント

事務職の志望動機はどう書く? ESの書き方で意識したい4つのポイント

2019/11/21

志望動機

関連キーワード:

事務職の志望動機はどう書く? ESの書き方で意識したい4つのポイント

就活でエントリーシートを書くとき、どんなふうに志望動機を書けばうまく熱意が伝わるのかと悩んでしまうことも多いのでは。今回は、「製造業の事務職を志しているが『この企業でなくてはいけない』という明確な志望動機が書けずに困っている」というお悩みに対して、事務職の志望動機を書く際に意識したいポイントをお伝えします。


就活生からの質問:事務職の志望動機をうまく書くには?

コツコツと作業をするのが好きで、現場で働く人を支える仕事がしたいという理由から、製造業などの事務職を志望しています。しかし、ESに書く志望動機に困っています。「この企業でなくてはいけない」という明確な理由がうまく書けず、どのようにアピールしたらいいのかが分かりません。アドバイスをお願いします。


回答:組織に魅力を感じる「4要素」の中から考えよう


あまり難しく考えずに、ごくごくシンプルに「志望する企業のどこが好きなのか」を考えてみてはいかがでしょう。一般的に「会社や組織に所属したい!」と思わせる要素は、「企業のビジョン」「事業内容と仕事内容」「人や風土」「特権と待遇」の4要素が関係していると言われています。質問者様が、たくさんの企業の中からこの企業を選んだ理由は、この4要素の中にあるのではないでしょうか。

ちなみに「特権と待遇」とは、給料や福利厚生などのことを指します。企業の特徴が表れる要素ではありますが、仕事に直結しませんので、特に強調する必要はないでしょう。


質問者様が希望されている事務職のお仕事の内容は、もしかすると他社と差別化する部分が少ないのかもしれません。仕事内容に違いが見られない場合は、「掲げるビジョン」「事業内容」「人や風土」の中に、他社には無い魅力を感じているのだと思います。そして、引きつける魅力こそが、この企業でなくてはいけないという志望動機のはずです。

まずはこの観点に沿って、考えてみてくださいね。


▼選考通過した先輩のESが見られる!


コンテンツ提供(回答者)●プライマル株式会社「就活の真実2016」
「就活の真実」は、プライマル株式会社が提供する、1,300記事以上のノウハウを収録したスマホアプリ。就活生の実体 験や、企業の人事担当者の本音などの内容が人気を博している。iOS版はApp Storeから、Android版はGoogle Playから無料で入手可能。

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ