自分に向いてる仕事・企業がイメージできない人が最優先で考えるべきこと【企業サイドから見る「自己分析」12】

自分に向いてる仕事・企業がイメージできない人が最優先で考えるべきこと【企業サイドから見る「自己分析」12】

2015/04/06

企業研究

自己分析

前回に引き続き「働く動機」について、もう少し書いていきます。

学生が、就活をするうえで、何よりも 最優先すべきは、本音で「働く動機」を考えることだと思います。本音ベースの想いを言葉にするのは、なかなか恥ずかしいかもしれないけれど、シッカリ言葉にしておかないと、せっかく入った企業も、安易に辞めてしまうことにつながりかねません。

発展的な退職であれば、問題ないのですが、ネガティブな辞め方は、次に活きないんです。まだ働く前の学生にこんなことを言っても、なかなかイメージがつかないと思いますが、非常に大切なポイントなので、あえて書かせてもらいます。

企業にとって、目の前で面接を受けている学生が「優秀かどうか?」を判断する基準は、根本である 「何のためにこの学生は働くんだろう?」ということが明確に伝わってくるかです。

「働く動機」を理解したうえで「企業にマッチするかどうか?」を判断できます。企業は学生のポテンシャルが見たいんです。ポテンシャルは「働く動機」と深く絡み合っています。

この「働く動機」から、企業選びにつなげていこうと、前回書きました。でも多くの学生は、また、ここで悩んでしまいます。

「自分に向いてることが全然イメージできない……」
「どうやって考えたらいいかわからない……」

でも自分に向いてることや適性は、実際に働かないと絶対にわからないんです。やったことがない世界に飛び込むのに、どうして適性がわかるのか? と逆に聞きたい。

もちろん 人によっては「絶対にマスコミ業界がいい!」とか「化粧品業界以外はイヤ!」という人もいるでしょう。でも、それはあくまで興味の範囲。仕事の適性を図る尺度は、どんな学生だって持ってないんです。だから、向いてることは将来考えればいい

私は、高校から大学院まで理系一筋ですが、今は事務屋。しかも最初の配属は法律分野でした。理系の考え方と全く違うし、知識もないし、配属時点で言えば、その仕事に向いてないのは、火を見るより明らか。何度辞めようと思ったかわかりません。でも、今ではこの方向性で良かったと心から思います。人生で、今が一番楽しいといっても過言ではない。だから大丈夫だと断言できるんです。

それでも、学生にとって業界研究や企業研究は難しく感じるものでしょう。
どっから手をつけていいのかわからないというか。

なぜ難しく感じるのでしょうか?

これは就活が始まると、周りの動き、友達の進捗、世間やネットからの情報、そして極めつけは、自分のプライドが邪魔をして、本来、最も重要である 本音ベースの動機を封印してしまうから、だと考えています。

次のページ本音を企業選びにつなげる

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ