【第10回】就活が忙しくなる前に読んでおきたいケータイ活用術

【第10回】就活が忙しくなる前に読んでおきたいケータイ活用術

2014/12/05

就活hack

関連キーワード:

通話やメールだけじゃない! 就活用ケータイ活用術!!

前回はiPhoneの活用法を取り上げたが、スマートフォンではない従来の携帯電話も就活に「使える」アイテム。ケータイ固有の機能や、携帯電話各社などが提供するサービスの中にも就活を強力にサポートしてくれるものも存在する。今回は、就活中にぜひとも実践したいケータイ活用術をご紹介しよう。

おサイフケータイで電車移動をスムーズに

就活はとにかく時間の有効活用が必須。電車の乗換もスムーズに行いたいところだ。首都圏ではJR東日本の運賃決済サービス「Suica」や株式会社パスモの「PASMO」のICカードを使うと便利だが、地方から就活にやって来るなど持っていない人もいるはず。そんなとき便利なのが、ケータイの電子マネー機能「おサイフケータイ」の「モバイルSuica」だ。

鉄道用ICカードとしては、JR西日本の「ICOCA」やJR東海の「TOICA」など、地域ごとに普及しているものがあるが、首都圏の地下鉄、私鉄などでは利用できないケースが多い。

地方から首都圏へ就活に来る人は、あらかじめモバイルSuica機能を搭載したおサイフケータイにお金をチャージしておこう。ケータイを自動改札にかざすだけでJRや私鉄、バスなどに乗れるし、地元では使う機会のない首都圏用のICカードを買う必要がなくなる。

ちなみに、おサイフケータイはモバイルSuicaだけでなく、Edyなど他の電子決済サービスにも対応しているので、地元に戻ってもチャージしたお金がムダになることはなく、さまざまな店舗で引き続き利用できる。

GPSであらゆる周辺情報をチェック

最寄り駅から訪問先企業までの道案内に、NTTドコモの「iMenu地図」(無料)やauの「EZナビウォーク」(無料)など、GPS対応ケータイ向けの地図サービスを使っている就活生もいるだろう。

せっかくなので、経路検索以外にもGPSを活用してみよう。たとえば、次の企業訪問までの空き時間を資料チェックなどに充てるため、近くの喫茶店に入りたい、と思ったとき。NTTドコモの「iエリア」(無料)や、連載第6回で紹介した「NAVITIME」(315円/月)にアクセス。GPS機能を使って現在地付近の飲食店や各種店舗を検索することが可能だ。

OB、OGにもらった名刺はカメラで管理

OB・OG訪問が終わったら、お礼状やメールを書くのは就活生の当然のマナー。それだけに先輩からもらった名刺はきちんと管理しておきたい。

各社の携帯の端末の中には、「名刺リーダー機能」を搭載しているものがある。もらった名刺をカメラで撮影しておけば、名前や住所、電話番号、メールアドレスなどを手で入力しなくても、付属ソフトを使って、名刺データをパソコンに転送、管理することもできる。お礼メールを打つのに重宝するはずだ。

「名刺リーダー機能」搭載のケータイを使って、名刺の文字要素を読み取れる。
機種によっては、このまま電話帳に登録可能

資料や書類をSDメモリカードにバックアップ

就職活動をしていると、テキストデータやPDFなど、さまざまな文書を受け取ったり、作成したりすることになる。その中には、志望先企業から渡された就職試験の関連資料や会社概要、試験の傾向と対策を書いた就活日記など、自宅でだけでなく、外出中もチェックしておきたいものも多い。

そこで、パソコン上に保管してある文書データは、ケータイの写真のバックアップなどに使っているmicroSDメモリカードにコピーしておこう。各種文書を閲覧できる「ドキュメントビューア」という機能を搭載している機種なら、PDFファイルやWord文書、Excelのグラフ、PowerPointのプレゼン資料をmicroSDメモリカードに保存しておけば、電車内などで、ケータイを使って、それらの資料を読むことができるのだ。

SDメモリカードに保存してある文書を表示させたところ。
ネットに接続せずに閲覧できて便利だ。

説明会をレコーダー機能で録音

企業について貴重な話が聞ける会社説明会で、聞き逃しを防ぐためにケータイの録音機能を使ってみるのはいかがだろうか。

ケータイの中には、周囲の音声を録音できる「サウンドレコーダー」機能を搭載したものも多い。録音した音声データは大容量になりがちだが、microSDメモリカードに録音する設定にしておけば、数時間分の音を録ることが可能だ。

説明会の内容を録音しておけば、企業研究するときはもちろん、エントリーシートの志望動機を書くときなどにも大いに役立てることができる。連日の就活に疲れて、集中力を切らしてしまったときの保険としても、レコーダーはまわしておいた方がよいだろう。ただし、録音や記録を禁止している説明会もあるので注意をしておいた方がよい。

最近はスマートフォンが注目されがちだが、従来のケータイも機能性はかなり高い。アイデア次第、使い方次第では、就活をスムーズかつ快適に進められるようになるので、ぜひ活用してほしい。

※サービス内容や価格は変更される場合があります。
文:成松哲 2010/12/14更新

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ