履歴書を郵送する際に心掛けたい基本マナー3選

履歴書を郵送する際に心掛けたい基本マナー3選

2015/12/10

就活hack

ライフ就活10

就活生なら、企業に履歴書を送る機会はたくさんありますよね。履歴書は書き終わってからも注意しなくてはいけない点がいくつかあります。今回は履歴書を郵送する際に心掛けたいポイントを3つお伝えします。
【履歴書の送り方にもマナーがある】
企業に対して贈る文書ですので、履歴書の送り方にも当然マナーがあります。インターネット上からエントリーシートを送るだけであれば送信ボタンだけで良いのですが、実際に郵送するとなるとマナーが問われます。
まず何より、郵送して良いものなのかどうか確認しなければなりません。郵送ではなく、インターネット上からしか受け付けていない所もあります。また、郵送であればどのようにして郵送して良いのか。規定の用紙を企業のホームページからダウンロードして利用しなければならないのか、あるいは自由で良いのか。まず確認しましょう。

【普通郵便で送りましょう】
履歴書はとても大切な物ですので、書留で送った方が良いのではないかと思っている学生もいるかもしれません。しっかりと届けたいので書留にと思う学生もいるかもしれませんが、書留こそマナーを欠いています。書留の場合、受領印が必要です。忙しいのに受領印を押して郵便物を受け取る……企業の人間は普段は仕事で忙しいのですから、学生が送るのは普通郵便で十分です。

【折れないようにしましょう】
普通郵便で十分ではあるのですが、履歴書が折れないよう、封筒の大きさには気を付けましょう。折り曲げないと入らないようなサイズですと履歴書を読む側が折れた履歴書を手にする事になります。また、封筒も通常の封筒で十分です。履歴書だからといっておかしな封筒で送るのはやめましょう。

このように、履歴書の送り方にもマナーがありますので、しっかりと把握しておくようにしましょう。当然ですが、企業側は細かい部分も見ています。先にも出たように、書留で履歴書を送ってくるような学生は相手の事を考える事が出来ない人間だと判断するでしょうからね。

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ