留年は就活に不利? 面接で「留年」をつっこまれた場合の上手な対処法

留年は就活に不利? 面接で「留年」をつっこまれた場合の上手な対処法

2015/11/26

就活hack

関連キーワード:

留年は就職活動には不利というイメージがありますよね。本当にそうなのでしょうか?挽回する方法はあるのでしょうか?
1.留年とは

各大学の進級及び卒業要件を満たせなかった場合に留年となるのが一般的です。留年にはマイナスイメージが伴うため、留年した方は、「面接でつかれたくない」というのが正直なところでしょう。

2.留年者と分かる理由

留年を履歴書の学歴欄に記入する必要はありませんが、入学年月と卒業予定年月から、留年の可能性を面接官は察知できます。長期留学によって留年した場合等、履修登録ミスや勉強不足が原因の留年と差別化したい場合は、一行、書き加えておくと良いでしょう。

3.留年がマイナスイ評価になる理由

留年には以下のようなイメージが伴います。
・受験で燃え尽きてしまった。
・所属した学部で学ぶ内容のイメージが違い、やる気を失ってしまった。
・授業と課外活動にバランスよく取り組むことができなかった。

面接官は、面談から得たイメージを仕事に置きかえますので、例えば、「イメージと違っても、その現状の中から自分なりに意義を見出し頑張って欲しい」といった求める人材像と違うためマイナス評価となるのです。

4.「挽回しようと、こう行動している」という事実が重要

心配しないで下さい。決して、留年=即不合格ではありません(留年が繰り返され募集年齢を上回ってしまった場合は別)。面接官、採用担当者の中にも留年経験者はいますし、加えて、「入社後に躓き、しかし、その後挽回し、会社を支える人材に成長した社員」を何人も見てきているのです。

そんな面接官や採用担当者が重視するのは、『反省をして、軌道修正する力』です。よって、留年を言い訳せず、落ち度は潔く認め、その上で、どう反省し、挽回するために、どのように取り組んでいるかを回答しましょう。つまり、「今のあなたを通して、留年時の未熟な自分は過去である」と示すことが目標となります。

5.留年に伴うアピール

留学やNPO活動に打ち込んだ…将来を見据え、今はこれに打ち込むべきだと考え、周囲を説得した上で計画的に留年された場合は、「その活動への想い、家族等周囲を説得したエピソード、取り組みに伴うエピソード、収穫」を紹介できるよう準備しましょう。留年という結果は結果として認めることが、今、挽回しているあなたに面接の焦点を移行させる最短の方法となります。

文◯岡 茂信 (おかしげのぶ)

現在東証1部の情報システム開発企業での採用選考経験を元にジョブ・アナリストとして独立。大学及び就職イベントでの講演、有名企業に対し採用アドバイスを実施。著書に「就職活動がまるごと分かる本」「エントリーシート完全突破塾」「適職へ導く自己分析」がある。また、「岡茂信の就活の根っこ」(http://ameblo.jp/okashigenobu/)で就活の土台となる旬な情報を発信している。

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ