自己分析をするうえで大切なこと【企業サイドから見る「自己分析」9】

自己分析をするうえで大切なこと【企業サイドから見る「自己分析」9】

2015/04/02

就活の悩み・疑問

自己分析

■質問2.中学・高校時代はどういう生活だったでしょうか?

この質問には、以下の2つの意図があります。

【1】今の性格を作り出した起点が、どこにあるのかを探る

【2】今語っている自己PRの内容と本人から受ける印象に違和感がある場合、それがなぜかを探る

例えば、【質問1】で「人一倍努力ができる」と書いた人がいるとします。「人一倍努力できる」という素養は、なかなか簡単には養われないもの。そこには必ず「努力しなくちゃいけない!」と感じた 「起点」があるはずなんです。起点になる体験は、ほぼ間違いなく「何かの壁にぶち当たった体験」のはずで、中学や高校時代の多感な頃である可能性が高い、ということなんです。

この「起点を探る」作業はとても大切です。自信をもって、面接官に自己PRするには 「過去の起点の洗い出し」が不可欠だと思っています。


次回は「過去の起点の洗い出し」の大切さについて、もう少し詳しく説明します。


文・コンテンツ提供●安藤恒久

【プロフィール】
東京農工大学農学部卒。その後福山大学大学院工学研究科修士課程修了。1996年、大手飲料食品メーカーに入社。主に経営部門で会社組織運営に携わる。その後は、ブライダル業界に転身。管理部門の責任者として株式公開業務担当。以降、雑貨商社、IT、教育など多様な業界で事業構築を行う。2005年6月から始めた、「会社側の本音」と「就活生の自信構築」をコンセプトに書き連ねたブログ『会社サイドの就活日記 ~面接は怖くない!企業と面接官の本音を知ってください!~』は毎年 数多くの就活生や新社会人のバイブルとして支持されている。

『会社サイドの就活日記 ~面接は怖くない!企業と面接官の本音を知ってください!~』
http://ameblo.jp/yansono/

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ