レジ打ちバイト→コミュニケーション力強化。就活生が「盛った」自己アピール集

レジ打ちバイト→コミュニケーション力強化。就活生が「盛った」自己アピール集

2015/03/31

アンケート・調査


就活に自己アピールは欠かせません。自分がどんな人柄で、長所や短所は何か、などは存分に企業側へ伝える必要がありますね。よりよく自分をアピールしたいがためにちょっとおおげさに話してしまう……なんてこともあるのではないでしょうか。内定した先輩たちに聞いてみました。

Q.就活中の面接でかなり「盛った」ことを教えてください。


●自分の性質

・自分はネクラだが、かなり明るく振る舞った(女性/ホテル・旅行・アミューズメント内定)

・人見知りで人と接するのが苦手なのに、そう見せないようにした(女性/医療・福祉内定)

・「コミュニケーション力に自信があります」と言ったが、レジのバイトをしていただけで、実際にはそんな自信はない。ただただ、受かりたいがために言ってしまった(男性/情報・IT内定)

・声の大きさをかなり盛った。いつもはそこまで声を張らずに生きている(男性/運輸・倉庫内定)


●学生生活

・講義には無遅刻・無欠席を貫いたと言ったが、実際は数回遅刻したことがある(男性/食品・飲料内定)

・学生のときのボランティアやサークル活動の取り組みについては、実際よりもかなりおおげさに話した(男性/マスコミ・広告内定)

・サークルで他の部と関わったエピソードを伝える際、本当は「ちょっとしゃべった」くらいのことも、「交渉をした」というニュアンスで話した(女性/団体・公益法人・官公庁内定)

・リーダになったことがないのに、リーダーシップについて語った(女性/ホテル・旅行・アミューズメント内定)

・尊敬する人を聞かれ、とっさに書道の先生を尊敬していることにした(女性/商品・卸内定)

・自身の海外旅行の体験談。おもしろおかしく話すと盛り上がるので(女性/情報IT内定)

・所属していたのは3~4人のサークルだったが、大規模なサークルのように盛って話した(男性/学校・教育関連内定)


●語学

・映画を字幕なしで見て内容を理解したと言ったが、正直ほとんど理解できてない(男性/商品・卸内定)

・語学力について、本来の力以上に語ってしまった(男性/団体・公益法人・官公庁内定)


おおかれ少なかれ、事実をよりよく見せたくて内容を「盛って」話したことがある人はけっこういるようですね。真っ赤なウソはいけませんが、自分の伝えたい部分を強調するということはコミュニケーション手段としてはアリな気がします。とはいえ、あまりに事実と違うように話してもいずれはバレるもの。無理やり盛らなくてもしっかり伝えられる準備をしておきましょう。


文● 就活スタイル編集部

調査期間:2015年3月

アンケート:就活スタイル調べ

集計対象件数:社会人男女122人(インターネットログイン式アンケート)

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ