「こんなにヤッタぞ選手権」に0点! 自己PRで「部活経験」「資格取得」の羅列がダメな理由

「こんなにヤッタぞ選手権」に0点! 自己PRで「部活経験」「資格取得」の羅列がダメな理由

2015/03/26

就活hack

お役立ち情報

関連キーワード:

就活生の皆さんから寄せられた疑問・質問を解消するため、Q&A方式でさまざまな就活の悩みにお答えします。今回は、「自己PRが、部活動での活躍と取得した資格の羅列ではダメ?」という疑問です。

<就活生からの質問>

エントリーシートの自己PRの書き方で悩んでいます。
私は、中学から大学まで部活動やサークル活動、勉強でもさまざまなことに挑戦してきました。そこで「新しいことに挑戦する積極性」を自己PRにしたいと考えています。しかし、いざ書こうとすると、「中学では●●部のレギュラー」「高校では●●の資格を取得」と、部活動の経験と資格取得を羅列しただけの文章になってしまいます。このような文章は、やはり読みづらく悪印象なのでしょうか。


<就活の真実 事務局からの回答>


自己PRとは、結果や実績を伝えることではありません


自己PRとは、結果や実績を伝えることではありません。自分の強みをアピールする手段として「これまでどんな活動をし、どんな結果・実績を上げることができたのか」を示す場です。企業側は自己PRを通じて「どのように考え、どんな行動ができる人なのか」を知りたいという意図があり、そのため自己PRを課題にするのです。ですから、「部活動等でレギュラーを取りました」、「●●検定1級を取りました」とだけ伝えても自己PRにはならないのです。

また、資格や部活動での実績は、思いのほかたくさんの人が持っているものです。「どのように部活動を頑張ったのか」「取り組みから何を学び、何を得たか」の要素を加えて、質問者様の人となりをアピールしてください。

くれぐれも自己PRを「こんなにヤッタぞ選手権」にしないようにご注意を。5W1H(誰が・何を・いつ・どこで・なぜ・どのように)を用いて、質問者様のこれまでの活躍がしっかり伝わる自己PRにしてくださいね。


コンテンツ提供●プライマル株式会社「就活の真実2016」
「就活の真実2016」
「就活の真実」は、プライマル株式会社が提供する、1,300記事以上のノウハウを収録したスマホアプリ。就活生の実体験や、企業の人事担当者の本音などの内容が人気を博している。iOS版はApp Storeから、Android版はGoogle Playから、それぞれ無料で入手可能。

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ