【ボーダーライン】どこからがマナー違反?「やりすぎメイク」の境界線

【ボーダーライン】どこからがマナー違反?「やりすぎメイク」の境界線

2015/03/21

就活の悩み・疑問

関連キーワード:

■明らかに首の色と違うファンデーション

「首の色と合ったファンデーションを使ってほしいです。顔だけ白浮きしていたり、逆にもとの肌の色より黒くなっていたりするとおかしいですよね。また、ノーズシャドウを入れると顔に凹凸ができ過ぎてしまい、宝塚メイクっぽくなってしまうので気を付けた方がいいです」(Tさん・Kさん)

毛穴や肌荒れなどを隠そうと、ついファンデーションを厚く塗ってしまう人もいそう。メイク中は顔だけに注意がいってしまいますが、首元も見ながらメイクしたいものです。

■流行メイクはNG?

「目の下にオレンジやピンクのチークを入れたり、真っ赤なグロスを引いたりする流行メイク。今どきっぽい印象になりますが、ビジネスの場ではあまりふさわしくないかもしれません。チークは頬骨にそって入れるとナチュラルな印象になります。色はローズや深みのある赤、濃いめのブラウン寄りのオレンジなどがおすすめです」(Tさん)

流行メイクは遊びに行くときのみにすべきですね。ついいつも通りにしてしまいがちなメイクですが、知らないうちに相手からの印象を悪くしてしまっているかもしれません。普段のメイクのまま就活を行っている人は、このお二人のご意見を参考にして、鏡に向かってみてくださいね。

文・姫野ケイ+プレスラボ

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ