「想像以上に地味」「ノリが合わなかった」イメージと現実のギャップが大きかった業界

「想像以上に地味」「ノリが合わなかった」イメージと現実のギャップが大きかった業界

2015/03/21

就活の悩み・疑問

関連キーワード:

●ちょっと自分にはついて行けないノリだった

・シンクタンクはプライドの高い人達の集まりだった。(男性/情報・IT内定)

・リフォーム業や車検の会社。雰囲気が体育会系的だった。(男性/団体・公益法人・官公庁内定)

・広告。ノリの軽い人が多く自分はやっていけなそうだった。(女性/ホテル・旅行・アミューズメント内定)

他には「公務員は固いと思っていたが非常に柔らかかった」「信用金庫は普通の銀行と違い、地域発展を第一に考えていた」など、意外な発見をしたという声もありました。

ただし、同じ業界でも会社によって雰囲気や業務内容は違いますし、「業界イメージ」としてひとくくりにすることはできません。実際に働いてみるとまたイメージが変わってきたり、人によって合う合わないもあると思います。あくまでも一部の意見ですので、みなさんも噂やイメージに惑わされず、自分でしっかり確かめるようにしてくださいね。

文●鈴木恵美子

調査期間:2015年3月
アンケート:就活スタイル調べ
集計対象件数:内定者男女103人(インターネットログイン式アンケート)

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ