「質問に答えていない」「質問返し」。面接官に嫌われるNG言動とは?

「質問に答えていない」「質問返し」。面接官に嫌われるNG言動とは?

2015/03/21

就活hack

お役立ち情報

関連キーワード:

「質問に答えていない」「質問返し」。面接官に嫌われるNG言動とは?

最近、さまざまな企業の面接担当者から「質問に答えていない学生があまりにも多い」という話を聞きます。
一体どういうことなのでしょうか?

面接官から投げかけられる「○○」についての質問が、最後は関連性のない「××」へ結論づけられてしまう、これが面接担当者の言う「質問に答えていない」という意味です。
質問に答えている学生自身も「話の着地点が当初の予定と違う」「どんな質問だったのか忘れてしまった」など、違和感をおぼえながら答えている場合もあるでしょう。

原因は以下のことが考えられます。

・質問を間違って解釈している
・質問を聞き終える前に、言いたいことを決めてしまっている
・相手の意図を先読み、もしくは勘ぐりすぎる

対策として大事なことは、質問者の話をしっかり聞き、慌てずに答える意識づけをすることです。また、答えは短く、イエスかノーかシンプルに返答する習慣づけも大切です。

質問への質問返しは絶対ダメ

もう一つ、学生がしてしまいがちな間違った行動に「質問返し」があります。これはNGです。面接官の質問には素直に答え、分からない時には分からない、または次の機会までに必ず答えを用意するなど、素直な態度で返答しましょう。質問返しは、高い確率で面接官の気分を害します。「面接官の鼻をあかしてやろう」などとは、くれぐれも思わないように。


コンテンツ提供●プライマル株式会社「就活の真実2016」

「就活の真実2016」
「就活の真実」は、プライマル株式会社が提供する、1,300記事以上のノウハウを収録したスマホアプリ。就活生の実体験や、企業の人事担当者の本音などの内容が人気を博している。iOS版はApp Storeから、Android版はGoogle Playから、それぞれ無料で入手可能。

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ