恋愛的就活論第8回 デートも面接も「相性を探る」作業に過ぎない

恋愛的就活論第8回 デートも面接も「相性を探る」作業に過ぎない

2015/03/20

恋愛的就活論

就活講師×合コンシェルジュ対談! 恋愛的就活論

企業に自分の魅力を伝える「就活」と、意中の人に自分をアピールする「恋愛」。この2つにはいくつかの共通点があるのではないだろうか? その仮説の下、実に2,000回もの合コンを経験した「合コンシェルジュ」として知られる一般社団法人日本合コン協会会長の絵音(えのん)さんと人気就活講師夏目幸明先生が検証対談! 合コンテクから思わぬ就活必勝法が見えてきました。

恋愛的就活論第8回 デートも面接も「相性を探る」作業に過ぎない

夏目 就活と合コンの共通点を考えたんです。そのひとつに「相性を探る作業」があると思います。だからなんでしょうね。受験勉強のように、努力をすればうまくいくわけじゃない。自分のよさを認めてくれる人、自分がよさをわかる人と巡り会うことが必要になります。

絵音 たとえばどれだけダイエットしてスタイルを磨き上げても、好きな男性がデブ専だったら意味ないですもんね。

夏目 わかりやすすぎます(笑)。だから恋愛や就活は、いかに自分の望みを明らかにし、自分が相手にしてあげられることをアピールするかが重要なんです。しかも、多くのビジネスの場と同じように、明るく、楽しく。きっと、これがサラッとできることを「コミュニケーション力が高い」と言うんでしょうね。

絵音 「明るく楽しい」に加え、先に相手の立場を認めることって大事ですよね。たとえば好みのタイプを聞かれた時に、モテる女子は「優しい人が好き」と言うより「少年のような人が好き」と言うんです。前者は、他人に「優しい」という要素を求めているのに対し、後者はありのままのその人を受け入れているスタンスだからモテるんです。就活でも「こんな会社がいい」「こんな仕事がしたい」という思いはあると思うんですが、まずは相手がどんな学生を望んでいるか知ることが大事なんじゃないでしょうか。

面接の最後に「質問はありますか?」にはこう答えよ

夏目 デートも面接も、最終的には「相性を探る作業に過ぎない」と意識をしておくと、様々な質問にうまく返せます。たとえば、面接の最後に「何か質問がある?」と聞かれた時、一般的に正解とされる態度は「私はこういった経歴、志向性を持っていますが、それは御社で役に立ちますでしょうか?」とか「将来的にこんなことに挑戦してみたいのですが、可能でしょうか?」といった質問をするのがよいと言われています。これも、相性を探っているのだ、という意識があれば自然とできますよね。

ちなみに、ある企業では、面接で役員がずらりと並び「今日はあなたの質問に答えますよ」と学生に1時間以上質問をさせたところもあります。どれくらい「相性」を意識し、将来のビジョンを合わせる意識を持っているかが試されているんです。

次のページ相手が繰り出す「撒き餌」に気づくことが大切!

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ