内定解体新書for凡人学生(35)「学生レベルの資格や実績」では人事や面接官は合否を決めない ~後編~ 3ページ目

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

■自己PRを聞いたときの人事や面接官の「置換」

ここで人事や面接官のなかで「置換」が行われていることを、どうか理解してください。

資格や実績で自己PRする人は

「人事や面接官の考える段階を一つ増やしている」

わけなんです。だから複雑になり、無駄なやり取りが増えます。結果、内定を遠ざけます。

伝えるべきは資格や実績ではなく、上記のような人事や面接官に入社した後をイメージさせる「どういう人間か」なんですね。

(なお、拙作内では「人間性自己PR」と呼んでいて、就活生さんにもよく浸透しているようでうれしい限りです)

次回以降、もっと解説していきます。見逃さないで!

1 3

関連記事

「その他」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催