内定解体新書for凡人学生(33)凡人学生は内定に直結する自己分析をやろう、他の就活生が意味なく悩んでいる間に 2ページ目

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

■「自己PRのネタづくり」以外の自己分析は凡人学生には要らない。

自己分析の目的は

「自分の志望企業を決める」

「自己PRをつくる」

の2点に絞られます。勝手に「自分の軸!」とか「人生観!」とか、くっつけないでください。意味がないですからね。

もっと言えば、どんだけ凡人学生が一般的な自己分析をしたところで、

結論は「わたし、マジクズ」

になるだけです。

話を戻します。

「自分の志望企業を決める」については過去記事で「志望業界は凡人学生には可能性を切り捨てるだけだから要らない」と語ってきましたので、端折ります。

つまり、凡人学生の自己分析(便宜上の表現)は

「自己PRを作るためのネタを生み出すこと」

を目的として、それ以外の要素を徹底的にそぎ落とす必要があるわけです。

よく考えてくださいね。凡人学生に必要なのは、選考を突破して内定を取ることです。

つまり、突破するための「武器」を作らなければいけないわけです。

次回以降、凡人学生が内定のために行うべき自己分析を紹介していきます。

2

関連記事

「その他」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催