卒論の書き方とコツ コピペを使わず短期間で完成度の高い卒業論文を作成しよう! 4ページ目

学生の窓口編集部
2018/01/25
テスト・レポート対策
あとで読む
目次
  1. ◆卒論は大学生活の集大成!
  2. 卒論はいつから書き始めるべき?
  3. スムーズな卒論の書き方、最初のステップは?
  4. 卒論の参考文献、引用の書き方

■卒論の書き方のコツ5 参考文献、引用の書き方

最後に参考文献ですが、論文を作成するにあたって、必ず参考文献が必要になってきます。そして、参考文献として、卒業論文の最後に参考にした書物や資料を列挙する必要があります。参考文献は論文を書いていくうちに増えていくものですが、意外と形式を整えて列挙するという作業に手間がかかります。また、参考にした文献が後になって何かわからなくなるということがあったり、どこから引用したのかということが分からなくなったりすることもあるので、参考文献と同時に引用できそうな箇所もきちんと抜き出しておくといいでしょう。

引用は、自分が書いた論が正しいというための根拠であったり、証拠であったりするものです。論文を書く際には効果的に引用を使っていくことで、自分の論を説得力のあるものに高めることができます。

すべての論文に引用が必要というわけではありませんが、引用できそうな箇所は書きとどめておいて、出典なども整理しておくと、あとあと使いたいときにスムーズに使えるので便利です。その際、文献のタイトルや著者、出版年はもちろんですが、ページ番号も忘れずに控えておきましょう。文献のタイトルや著者、出版年はあとあとネット上で調べることができますが、引用箇所のページ数はなかなか調べられないのが実情です。早い段階から参考文献や引用を整理しておくと、あとあとスムーズに論文執筆が進められます。

◆さいごに

大学生のみなさんのために卒論の書き方をご紹介しましたがいかがでしたか? 中にはコピペチェックツールを導入しているところもありますし、大学の教授の目にかかればコピペはすぐにわかってしまいます。たとえ参考にしたとしても、それを自分の言葉で分析することが重要です。一生懸命書いた卒論であれば、教授も認めてくれるはず自分の考え、自分の言葉で書いた卒論を書き上げるようにしましょう。

卒論は長い論文ではありますが、たとえるなら、レポートの延長線上、夏休みの自由研究の延長線上のようなものです。ですが、書く分量が多いということは、レポートや自由研究のように焦って一夜漬けで仕上げられるというものでもありません。ローマは一日にして成らずといわれるように、地道な積み重ねを怠らないよう頑張っていきましょう。

執筆:如月柊

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催