納豆が最もおいしくなるかき混ぜ数は424回!食の極み「魯山人納豆鉢」

学生の窓口編集部
2015/05/12
ネタ・おもしろ・エンタメ
あとで読む
納豆が最もおいしくなるかき混ぜ数は424回!食の極み「魯山人納豆鉢」


食の極み「魯山人納豆鉢」2,200円(税別)

タカラトミーアーツは、納豆を究極においしく作ることを目的とした“納豆のコク製造マシン"食の極み「魯山人納豆鉢」を発売している。希望小売価格は2200円(税別)。

同商品は、食通としても知られる稀代の芸術家・北大路魯山人が提唱したと言われている、“納豆を究極においしく食す方法"を手軽に再現できる商品を作ろうと開発された。本体に納豆をセットし、ハンドルを回すと倍速で納豆が攪拌され、手軽においしい納豆ができあがる。

“納豆はかき混ぜるほどに旨くなる"という魯山人の教えをもとに、納豆が最もおいしくなるかき混ぜ数を検証し、424回という回数を設定。ハンドルを回すとギアの回転数がカウントされ、醤油を入れるベストなタイミング(305回)や、完成のタイミング(424回)で、本体の蓋が自動的に開く。

納豆が最もおいしくなるかき混ぜ数は424回!食の極み「魯山人納豆鉢」


朝ごはんに「究極」の納豆を(使用イメージ)

できあがった納豆は大豆のコクが強く感じられ、醤油が豆によく絡みまろやかな味になる。

混ぜる前と混ぜた後の味の違いを「味香り戦略研究所」の協力により科学的に調査したところ、味覚センサーでの試験の結果、混ぜていない状態を基準とすると、424回混ぜた状態ではコク成分が109%になるということが実証された。

また、「おかめ納豆」などの定番人気商品を数多く販売している納豆の最大手タカノフーズ全面協力のもと、同商品を使った独自の納豆レシピも紹介している。詳細は特設サイト(http://www.takaratomy-arts.co.jp/specials/rosanjin_nattou/)参照のこと。

(c) T-ARTS

関連記事

この記事を書いた人

関連キーワード

あなたにオススメ

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催