大学生でも名刺を作りたい! 失敗しない名刺作りのコツ3選 2ページ目

編集部:はまみ
2016/08/22
将来を考える
あとで読む
■縦と横、どちらが良い? 実際には横が多い!


名刺に記載する要素が決まったらデザインを決めましょう。まず、縦型の名刺なのか、横型の名刺なのかについて決めましょう。名刺製作業者にお話を伺ったところ、「現在は横型の名刺の方が多い」そうです。その理由は、英字などの横書きにしなければならない要素がある場合に、横型の名刺の方がスペースが取れるからです。

例えばメールアドレス、企業のURLなどが長くなる場合、縦型の名刺ではその幅に収めるために文字を小さくするなどの調整が必要になります。それでは、せっかくの情報が読みにくくなりますね。ですから、英字表記で横長になる要素が入る場合には、横型の名刺の方がデザインの幅が広がるわけです。

■特殊加工いろいろあるけど……

最近では、名刺にもさまざまな加工が可能です。文字を浮き上がらせる「エンボス」、目立たせるために特殊な色を使う「特色」、ロゴなどを目立たせるための「型押し」など、いろいろな加工メニューが用意されています。

社会人ではないので、大学生らしく、自由にいろいろ試みるのが良いですが、名刺が自分の分身で、自分を表しているものであるという意識は持っておくようにしましょう。あまりド派手な名刺を持つとそういう人と思われる可能性があります。

また、四角ではなく特殊な形の名刺もあります。角が丸くなっている「角丸」名刺、いわゆる「丸名刺」というものがありますが、これは水商売でよく使用されたりします。「女性に人気」などと書かれていることもありますが、ビジネスの世界ではほとんど見掛けませんし、大学生が持つ名刺でも角丸タイプは避けた方が良いのではないでしょうか。

せっかく名刺を作るのでしたら、できあがってから「失敗した!」とならないようにしましょう。デザイン段階で、必要な要素が全て入っているか、誤字脱字がないかを十分にチェックしてから印刷することが大切です。業者さんの話では「刷り上がってから、間違っていた! という人も少なくない」とのことでしたから、充分に注意したいですね。

(高橋モータース@dcp)

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「仕事・将来」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催