お国柄も満載! エコノミークラスの機内食がおいしい航空会社13選

編集部:はまみ
2016/07/17
学生旅行
あとで読む

お国柄も満載 エコノミークラスの機内食が美味しい航空会社とそのメニュー

飛行機で旅行するときの楽しみの一つと言えば、やっぱり機内食。最近は有名シェフとコラボする航空会社も増え、実に豪華な機内食を提供する航空会社も増えてきました。でもそれは値段の高いビジネスクラスやファーストクラスに限った事なのでしょうか? 値段の高いビジネスやファーストクラスでの食事が豪華なのは、もはや当然のこと。では、最も利用者の多いエコノミークラスの機内食は? 庶民としては、やっぱりエコノミーの機内食がおいしい航空会社こそ気になります。今回はエコノミークラスの機内食がおいしい航空会社をご紹介します。

■ニュージーランド航空:牛肉の赤ワイン煮ポレンタ添え

ニュージーランド航空のエグセクティブ・シェフは、ロンドンとオークランドにレストランを持つピーター・ゴードン。赤ワインで柔らかく蒸し煮にしたお肉を、ブルーチーズ入りのポレンタに添えて提供しています。

■アラスカ航空:カスケード・ブリスケット・チリ

アメリカのセレブリティ・シェフ、トム・ダグラスと提携し、彼の代表的ともいえる一品を機内食に。ボリュームのある牛ブリスケット肉をピリ辛のトマトソースで煮込み、トロトロのチーズとグリルした唐辛子をトッピング。ベイクドポテトと一緒に頂きます。寒い冬でも芯から暖まりそうなメニューですね。

■アメリカン航空:チキン・コブ・サラダ

3時間以上の国内線のフライトでは、軽食としてコブサラダを提供。鶏の胸肉、玉子、ターキーベーコン、コーン、トマト、ブルーチーズ、レタスなどの具がたっぷり。ポテトチップスやチョコレートよりも、ずっと体に嬉しいヘルシー・メニュー。お腹にもしっかりたまりそうです。

■オーストリア航空:ウィーン風シュニッツェル(子牛のヒレカツ)

オーストリア航空には、事前予約により食事をアップグレードできるシステムがあります。ウィーン名物の子牛のヒレカツとチョコレートムースのデザートも人気メニューの一つです。ウィーン空港から出発の便の場合は、出発の1時間前までオーダーが可能だそうです。

■キャセイ・パシフィック航空:香港風カレーチキン

ジャスミンライスと一緒に出される香港の本場のお味。デザートにハーゲンダッツのアイスクリームがついてくるところも嬉しいですね。また、軽食として温かい麺類の提供も。

■デルタ航空:ストローベリー・フローズン・ヨーグルト・アイス

ニューヨークからシアトル、ロサンゼルスもしくはサンフランシスコ行きの便で、サンドイッチとともに提供されています。

■ハワイアン航空:ロコモコ

ハワイと言えばやっぱりロコモコ。機内でも食べられるなんて嬉しいですね。

■ジェットブルー航空:ケール・サラダ

軽食としてビーンズ、キノア、クランベリーやブルーベリーなどのドライフルーツにトマト、それに美容や健康に良いケールたっぷりのサラダを提供しています。機内食のスナック、どころか美容食みたいです。

次のページほかにもこんなメニューが!

関連記事

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催