自分のアイデアを武器に!池上彰さんが審査委員のコンテストに挑戦!

学生の窓口編集部

SPONSORED
お気に入り!

あとで読む

サステナブルという言葉が私たちの日常にも定着してきた今。
あなたは、サステナブルな未来を実現するために、どのようなアクションが必要だと思いますか? この夏、あなたのアイデアを発信できる小論文コンテストが開催されます。力試しをしたい方、必見です!

INDEX:

1.「NRI学生小論文コンテスト2022」とは?
2.今年のテーマは「サステナブル未来予想図」
3. 特別審査委員は池上彰さんと最相葉月さん
4.受賞者に聞いてみた!
5.評価のポイント
6.募集要項はこちら

「NRI学生小論文コンテスト2022」とは?

「NRI学生小論文コンテスト2022」は、日本や世界の未来を考える場として、野村総合研究所(NRI)が2006年から開催している学生向けの小論文コンテストです。
昨年の応募総数は3000件超。これまでに多くの学生が参加し、大胆でオリジナリティあふれるアイデアが集まりました。

「大学生の部」の大賞賞金は50万円。数回の審査を経て最終審査会のファイナリストとして選ばれれば、特別審査委員の池上彰さん(ジャーナリスト)や最相葉月さん(ノンフィクションライター)、NRIの社長や役員に直接プレゼンテーションを行うことができます。

気になる!「NRI学生小論文コンテスト2022」
詳しくはこちら

今年のテーマは「サステナブル未来予想図」

今年のテーマは、「サステナブル未来予想図 ~次の主役はわたしたち! 2050年の社会を描こう~」です。

今から約30年後に社会の第一線で活躍しているみなさんは、その頃どのような世界になっていてほしいですか? それを実現するために、何をすればいいのでしょうか?

次代の主役となるみなさん、「サステナブルな未来には、これが必要!」、「こうすればサステナブルな世界をかなえられるはず!」というアイデアを自由に考えてみてください。日本、そして世界の未来をつくる斬新なアイデアを待っています。

求められているのは大胆なアイデア!

特別審査委員は池上彰さんと最相葉月さん

▲2021年度コンテストの授賞式

「NRI学生小論文コンテスト2022」では、特別審査委員としてジャーナリストの池上彰さん、ノンフィクションライターの最相葉月さんを迎えて審査を行います。

最終審査会はNRI本社もしくはオンラインにて開催されます。この審査会では池上さんと最相さんにプレゼンテーションを行い、あなたの考えを直接届けることができます。

プレゼンでは直接フィードバックをもらえます!

受賞者に聞いてみた!

「NRI学生小論文コンテスト」では、具体的にどのようなアイデアが提案されているのでしょうか? 前回の受賞者の声を紹介します。
※学年はコンテスト参加時のものです。

2021年大賞受賞者
新潟大学医学部3年 中島さん

「ひよっこドクターのほけんしつ
~StudentDoctorたちによる地域住民の健康相談の場~」

医学生が地域住民の健康相談に乗る「ひよっこドクターのほけんしつ」を実施し、かかりつけ医不足問題や高齢者の孤立問題の解消を提案しました。

絶好の腕試しの場だと思って参加しました。 論文の構想を練るのに3か月、実際に書き始めてから3週間ほど時間をかけました。 自分がどのような課題に興味があるのか、何をしたいのかを自覚することができました。
2021年優秀賞受賞者
嘉悦大学経営経済学部2年 上原さん

「新しい教育の形を世界へ」
途上国の教員志望の学生が、オンラインで日本の小中高生に授業を行うインターナショナルティーチャー制度を提案しました。

もともとサステナブルデザインについて考えることが好きで、応募しました。 約2か月かけて思考と工夫を重ね、私の理想の社会を思い残すことなく書き上げることができました。

評価のポイント

ひとくちに「サステナブルな世界」と言っても、医療や教育など、実に多様な可能性が秘められていることが受賞者のアイデアからうかがえます。

「大学のゼミで学んでいるから」「以前から興味があったトピックだから」など、誰もがアイデアの糸口を持っているはずです。「得意」や「好き」を生かして、あなたならではの考えを聞かせてください。

☆「NRI学生小論文コンテスト」の評価ポイントは?☆

☑「無難」よりも「大胆!」な発想に基づく論文であること
☑事実や一般論の引用よりも、自分の意見・主張解決策などにウェイトを置いて記述していること

応募要項はコチラからチェック

審査方法は、一次審査、二次審査、論文審査会、最終審査会の4ステップ。
最終審査会に進むファイナリストの方を対象に、NRI社員による「プレゼンパーソナルアドバイス」を行っています。マンツーマンでレクチャーしてもらえるので、プレゼンテーションをブラッシュアップできます。
※希望者のみに実施しています。希望の有無が審査結果に影響することはありません。
※アドバイスは審査委員ではないNRI社員が担当します。

いかがでしたか?
現代社会において解決すべき課題は山積しています。
今こそ「サステナブル」の本質を見つめ直し、未来を変革するアイデアを考えてみましょう。

サステナブルな未来ついてあなたの考えを届けよう

2022年7月1日(金)から募集開始!
「NRI学生小論文コンテスト2022」募集要項

▼募集テーマ


サステナブル未来予想図
~次の主役はわたしたち! 2050年の社会を描こう~


みなさんが社会で活躍している“2050年”の未来予想図と、その実現に向けたアイデアをお待ちしています。

▼募集要項(大学生の部)
◎募集期間:2022年7月1日(金)~9月8日(木)

◎賞
[大賞1作品]賞金50万円
[優秀賞1作品]賞金25万円
[特別審査委員賞1作品]賞金25万円
[留学生特別賞1作品]賞金25万円
[敢闘賞 数作品]賞金10万円
[奨励賞 数作品]賞金5万円

◎論文字数
4500~5000字(別途400字程度の要約を添える)
※指定文字数を超えると審査対象外となりますのでご注意ください。

◎応募資格
・日本国内の大学院、大学、短大、高等専門学校4~5年に在籍している学生(社会人経験を有しないこと)。
・個人またはペア(ペアの相手は「大学生の部」「高校生の部」いずれかの応募資格者であること)。
※日本語学校・専修学校に在籍する、社会人経験のない留学生(「留学」の在留資格を有する)も応募できます。
※留学生の個人またはペア(両者ともに留学生)の作品は「留学生特別賞」の候補になります。

◎応募方法
オンラインまたは郵送

◎最終審査会・表彰式
2022年12月19日(月)
※NRI東京本社またはオンラインいずれかでの開催となります。
その他、詳しい募集要項や高校生向けの募集要項は特設ページにてご確認ください。

応募要項についてはコチラからチェック

提供:株式会社野村総合研究所

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催