プログラミング初心者は何から始めればいい?

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

今やニーズが高い職業となったプログラマ。自分のためにも就活のためにもプログラミングを学びたい! と思い立つ人も増えていると思います。しかし実際には、いざ学習をスタートするとき、何から始めればいいのか? ここで迷ってしまう人は多いと聞きます。

どのプログラミング言語を学ぶといいの? 自分で学ぶことができるの? やっぱりスクールに通うべきなの? などなど疑問は尽きません。そこで今回は、現IT研修講師として活躍し、自らもエンジニア経験を持ち多くの現場経験がある斎藤和明さんに「初心者が始めるべきこと」をお聞きしました。

目次


「独学」と「スクール」どっちがいい?

プログラミングを学びたいと考えたとき、最初に思いつくのは「独学で学んでみよう」だと思います。独学で習得できれば、それに越したことはありません。いやいや自分にできるだろうか? と思った人が次に行きつくのは、プログラミングスクールです。

プログラミング学習のスタートにして、人生のわかれ道とも言える大きな決断を迫られるわけですね。そこで、独学とスクールそれぞれのメリットとデメリットをみていきましょう。

【独学編】独学で学ぶために準備すべき3つのこと

独学で学ぶために準備しなければいけないのは、以下3つです。

  1. 1.学ぶプログラミング言語を決める
  2. 2.学ぶべき環境を整える
  3. 3.最終目標・目的を決める

文字面で見ると簡単な気もしますが、受験や国家試験みたいに逆算して学習日程と時間を割り出せないこともあります。そうなると、自分で決めた時間で毎日コツコツと学習を進めていくことになります。学習する範囲も自身で決めていくので、それなりの覚悟は必要になります。

1.学ぶプログラミング言語を決める

準備すべき1つめ「学ぶプログラミング言語を決める」ことは、とても重要なポイントになります。しかし、プログラミングが何たるかを理解していない初心者には、プログラミング言語の良し悪しすら判断できないのも事実です。選ぶポイントは、学習しやすいか、IT業界のニーズや将来性の高さの2つです。その視点で、選ぶべきプログラミング言語をみていきましょう。


■Java

監修:斎藤さんのコメント

ITの現場でニーズが多い言語です。システム開発で使う言語の中では資格の勉強もしやすく難易度もそれほど高くありません。そのためIT企業の新入社員研修でも扱われることが多くあります。IT業界でのニーズも高く、覚えれば仕事に困ることはないともいえるプログラミング言語です。Javaは「Oracle認定Javaプログラマ」などの認定資格もあり、資格取得を目標にして学ぶのもいいかもしれません。初心者から始めて資格取得までの技術を身に付けるための書籍も多く出版されています。


■JavaScript

監修:斎藤さんのコメント

Webサイトを表示するブラウザ上で動くプログラム言語です。Webページ制作やパスワード入力フォームなどでも使われており、自分自身のホームページを作りながら覚えることもできます。Webデザイン寄りの仕事を目指す人にはおすすめです。身近なところで使われている言語ということで、イメージしやすいのではないでしょうか。一部、「HTML5プロフェッショナル認定試験」レベル2にも出題されます。

■Python

監修:斎藤さんのコメント

人工知能(機械学習や深層学習)など、最先端分野の開発にも使われている言語です。Javaと比べるとIT現場で使用されることは少ないですが、今後さらに普及していく言語といえます。2020年から国家資格の「基本情報技術者試験」の選択問題としても追加されています。

2.学ぶべき環境を整える

独学で学ぶためには、学習に使うパソコンなども用意しなくてはいけません。じっくり取り組むならばデスクトップパソコンがいいのか、持ち運びも便利なノートパソコンがいいのか。さらにプログラミング言語を学ぶには、どの程度のスペックが必要になるのかを覚えておきましょう。

監修:斎藤さんのコメント

学習には、ノートパソコンをおすすめします。現在はテレワークも進んでおり、企業用ノートパソコンを使って自宅勤務することも増えました。スペックは、「CPU Intel Core i5」以上であれば、ノートパソコンでも十分です。
これは、オンライン会話アプリケーション「Zoom」で、バーチャル背景機能を使うのに推奨されているスペックです。今後「Zoom」を使う可能性があれば、このレベルの性能は意識しておきたいところです。

3.最終目標・目的を決める

独学の場合は、やはりモチベーションを保てるかがポイントになります。しっかり学ぶべき意味を理解し、目標をしっかり設定することが重要になります。そのためには、資格取得を目指す、就職したい分野や企業を決めるなど明確にすることです。信念を持ってさえいれば、独学でプログラミング言語を習得することは可能です。

監修:斎藤さんのコメント

独学の最大のメリットは、学習する時間帯やペースを自分で決められることです。もちろん、自己管理が必要ですが、他人の都合に縛られないため自由に学習できます。仕事においても主体的に取り組むことが必要ですので、自ら積極的に学習していくことに慣れておきましょう。

【オンラインスクール編】自分に合うスクールの選び方

現在のプログラミングスクールは、世の中の状況からもオンラインスクールが人気です。とにかく数が多く、何を基準に選べばいいのか迷うところです。選ぶ前に決めたいのは、「学ぶ言語・受講料・サポート体制」の3つです。またオンラインスクールも自宅などで受講するので、決定方法の幅は独学より広がりますが、「独学で準備すること」と同様な用意が必要になります。

自分が学びたいプログラミング言語が決まっていない人は、無料で受けられるオンライン説明会や、体験学習を利用してみるといいでしょう。その上で受講料が自分にとって適正かを判断することです。オンラインといえど、各スクールのカリキュラムや学習方法が異なります。テキストベースで学習する場合もあれば、動画ベースで学習するスクールもあります。

またオンラインで一番気になるのが、講師のサポート体制です。決まった時間帯だけリアルタイムチャットで質問できるタイプや、24時間メールで質問できるタイプなどがあり、自分の学習スタイルに合うか判断が必要になります。サポートには、就活支援も含まれているスクールもあります。就職を目標にスクールを受講するときは、必ずサポートの有無を調べておきましょう。

おすすめオンラインスクール3選

スクール選びに迷う点は多いと思いますが、ここでは多くのプログラミング言語の学習が可能で、無料説明会や就活・転職サポートも行っているおすすめのオンラインスクールを3校紹介します。

TechAcademy

TechAcademyはプログラミング言語別に学習深度が異なる多くのコースがあるので、自分の目的に合ったコースを見つけやすいのが特徴です。さらに将来のキャリア形成を考える人は、全コースとも転職サポートがあることもポイントです。

スクール名 TechAcademy
言語/コース ・Webアプリケーションコース
・PHP/Laravelコース
・Javaコース
・フロントエンドコース
・WordPressコース
・iPhoneアプリコース
・Androidアプリコース
・Unityコース
・はじめてのプログラミングコース
・Pythonコース
・AIコース
・データサイエンスコース
・Node.jsコース
・Google Apps Scriptコース
・OSS学習コース
受講期間 最短4週間~
メンター 現役エンジニア
受講料 174,900円(税込)~
就職/転職支援 転職サポート有
割引 学割
特徴 オンライン完結型
毎日15時〜23時のチャットサポートと回数無制限の課題レビュー
週2回ビデオチャットを使ったパーソナルメンターのマンツーマンサポート
公式ホームページ 【TechAcademy】公式ホームページをチェック

CodeCamp

CodeCampは手軽に始められるWordPressやPythonコース、フロントエンドからサーバーサイドまで対応するプレミアムコースと、学習内容と目的に合わせて選ぶことができます。受講料割引クーポンや就職転職サポートもあります。

スクール名 CodeCamp
言語/コース ・プレミアムプラス
・プレミアムコース
・Webマスターコース
・デザインマスターコース
・Rubyマスターコース
・アプリマスターコース
・Javaマスターコース
・テクノロジーリテラシー速習コース
・採用担当者向けITコース
・期間限定コース
   LPythonデータサイエンスコース
   LWordPressコース
受講期間 最短2ヶ月~
メンター 現役エンジニア
受講料 各コース162,800円(税込)~
プレミアムコース272,800円(税込)
プレミアムプラスコース437,800円(税込)
+入学金33,000円(税込)
就職/転職支援 無料の就職転職サポート有
割引 -
特徴 オンライン完結型
日本最大級の現役エンジニア講師陣によるマンツーマン指導
公式ホームページ 【CodeCamp】公式ホームページをチェック

Freeks

Freeksは入会金0円、月額10,780円(税込)でHTML、CSS、PHP、JAVA、Pythonなどのカリキュラムが学び放題のプログラミングスクールです。定額制で学べて講師は現役のエンジニアが担当、転職支援も行っているため、安心して学習を開始できるのがポイントです。

スクール名 Freeks
言語/コース ・学習カリキュラム
  (PHP/Java/JavaScript/Python/AndroidJava/HTML/CSS)
※上記言語が学び放題
受講期間 最短1ヶ月~
メンター 現役エンジニア
受講料 月額10,780円(税込)
就職/転職支援 転職支援有
割引
特徴 入会金0円、月額10,780円(税込)のサブスク型プログラミングスクール
HTML、CSS、PHP、JAVA、Pythonなどのカリキュラムが学び放題
エンジニアによる勉強会に無料で参加可能
公式ホームページ 【Freeks】公式ホームページをチェック

監修:斎藤さんのコメント

オンラインスクールは、独学に比べてモチベーションを上げやすいことがメリットです。自分だけで学習していると、途中で挫折してしまうこともあります。その点オンラインスクールに費用を払うことで、自分は真剣に学ぶという意識付けもできるため、本気で学びたい方はぜひ活用してみるといいでしょう。

プログラミング初心者が始めるべきこと

プログラミング学習を始めるために必要なことをみてきました。独学でもオンラインスクールでも、やはり「目標・目的」の設定が一番の課題です。どちらも時間の自由度が高く、つい気を許すとさぼってしまう危険性もあります。

独学でチャレンジし、自分だけで学習するのが厳しいと感じたらオンラインスクールを検討する。そんな臨機応変さも持ちつつ、まずは学習を始める準備と、実行に移す気概を持って取り組んでみてください。

監修

斎藤和明

IT研修講師。ニュータイプエンジニア養成講座主宰
https://love-survivor.com/
神奈川県倫理法人会 後継者倫理塾 第四期生。株式会社ラブサバイバー代表取締役。
◎1984年埼玉県坂戸市生まれ。浦和大学卒業後、IT企業に就職するが、心療内科でうつ病と診断され休職・転職することに。「現状を変えたい」との思いから、お笑い養成所「ワタナベコメディスクール」に入学(第16期卒業)。会社員として勤めながら、お笑い芸人としてライブ出演等を行っていたが、結婚、妻の出産を機にお笑い芸人活動を引退。
◎転職を重ねるごとに100万、200万と年収アップに成功し、2017年には、茨城県を中心に活動する人材派遣会社へ就職。約1,100名の会社で、IT部門の立ち上げに当初から関わる。歴代最速および最年少でIT部門のマネージャーに就任。社内で唯一のIT研修講師に抜擢され、自社および他社の新入社員研修を行いつつ、人事および営業も兼任。トップセールスとなる。
◎2019年、フリーエンジニアとして独立した後、株式会社ラブサバイバーを設立。システム開発、IT技術研修、YouTube企画運用を主な事業とする。現在は、IT業界からうつをなくすことを掲げて、日夜講演活動を行っている。趣味は読書、経営者モーニングセミナー。
近著『フリーエンジニアで成功するためにやるべき54のこと』(秀和システム)

◎編集・執筆:松田政紀(アート・サプライ)

関連記事

「将来を考える」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催