「辛い思いこそパワーになる」コロナ禍でも挑戦し続けたgo!go!vanillasが届けたい言葉とは #セルフライナーノーツ

編集部:ゆう

お気に入り!

あとで読む

夢ややりたいことはあるものの、社会人として自立するまでは周囲の反対で思うように動きがとれないと言うこともあるでしょう。そんな時、皆さんならどうしますか? 

今回は、2020年に初の武道館ライブを成功させ、3月24日にはメジャー5枚目となるアルバム『PANDORA』をリリースしたgo!go!vanillasの皆さんにインタビュー。コロナ禍において考えたことや、周囲からの反対にあっても自分の意思を曲げずに夢に向かって突き進むヒントについてお話しを聴きました。

文:於ありさ
  写真:友野雄
編集:学生の窓口編集部

コロナ禍で変わった4人の作品作りへの向き合い方

――まずは2020年、バニラズの皆さんにとってはどんな1年でしたか?  

牧達弥:僕らにとっても体験したことがないような1年でしたね。他者と接する機会が圧倒的に減りましたし、仲の良かった人たちとも会いづらくなってしまいました。今まで当たり前だったことが当たり前じゃなくなっていくことに戸惑いも感じましたね。 

また、自分自身がこれからどうやって生きていくかを考えることも多かったように振り返ります。命の危険に晒されている状況の中で、不要不急とされてしまう音楽は必要なのかということにも向き合いましたね。  

――なるほど。コロナ禍を経て、作品作りに対する心境の変化はありましたか?

 牧達弥:今回のアルバムに関していうと、ありのままの感性で曲を作れたのかなと思います。今まで他のバンドと共演したときに感じた悔しさが、曲に影響していたことが当たり前のようにあったんですね。

例えば、他のバンドが演奏する時に盛り上がっているのを見て、「盛り上がる歌を書こう」というような。でも、人に会わなくなってライブをする機会も減って、届けたいメッセージも音楽の楽しみ方も僕のフィールドで勝負をするようになりました。  

柳沢進太郎:自然と引き算で曲作りができるようになりましたね。僕はギターはリズム楽器だと思いながら曲を作ってきたところがあったのですが、どうしてもメロディアスになってしまうことも多いんです。その点では、今回は引き算を自然にできるようになっていて、自分で聞いていても、心地よいフレーズができるようになったなと思います。  

長谷川プリティ敬祐:僕は交通事故で命を落としかけたときに、いろんな人に助けてもらって1人で生きていけるんじゃないんだなって考えるようになりました。

その影響もあって、今回『PANDORA』を作るにあたって、いつも以上に人とコミュニケーションを取るようにしましたね。ベースを習うこともあれば、作曲を担当したメンバーに「どうすればいいかな」とアドバイスを求めることもありました。  

ジェットセイヤ:人と会わなくなったこともあり、一緒に僕らの音を作ってくれるスタッフさんがいてこそ、この1枚ができたんだなと感じました。レコーディングってたくさんの人が関わっているので、おもしろいですよね。

不安があるときは無理に解決せず、とことん悩む

――コロナ禍もそうですが、いつ終わるかわからない不安の中で気持ちを切り替えることに苦労している人もいると思います。そういう時、皆さんはどのように解決していますか?  

牧達弥:僕は無理に解決するのではなく、悩みまくった方がいいと思っています。結局のところ、自分を誤魔化しても成長できませんからね。バンドって安定的なものではないので、僕自身、自分が作らなきゃ終わってしまうというプレッシャーがかなりあるんですよ。

でも、何かに悩んでたり、もがいているときって強いエネルギーが湧いてきて、そこから豊かなものが生まれると思うんですね。だから、苦しい思いをすることって大事だと思うんです。  

ジェットセイヤ:結局、回り回ってくるんですよね。問題をクリアしなければ、その上にはいけない。もちろん、苦しいところでやめてもいいけれど、目標があるならチャレンジした方が楽しいと思うんです。そのためには、どこを目指すか、どうなりたいかを意識することが大切だと思います。 

――どうなりたいかがいまいちわからない人も多くいます。目標はどうやって見つけたらいいのでしょう?  

ジェットセイヤ:原点に戻るだけでいいんですよね。シンプルに好きなことをやれば続くと思います。一生やるなら嫌いなことじゃなくて好きなことの方がいいじゃないですか。性に合わないことをして稼ぐよりも、楽しく稼ぐ方が大切ですよ。  

牧達弥:僕はどんな仕事でも嫌なことができないタイプなので、なんで苦しんだり、やりたくないと思いながらも会社に行くんだろうと疑問に思っちゃうんですね。僕が子供なのかもしれませんが、すぐに環境のせいにするのではなくて、自分の人生に置いて大切にしたいことは何かを考えることが大切だと思います。

周囲に反対されたら相手の気持ちを考えた上で決断してみる

――一方で、夢があっても周囲から反対を受けて諦めてしまう人もいると思います。そんな時、皆さんはどうしますか? 

牧達弥:うーん…めちゃくちゃ謝れば大丈夫なんじゃないですかね。「これをやらなきゃ、無理です」って説得して、それでも親から縁を切ると言われても貫けたら、「親がこんなに反対しているのにやりたいだなんて。本当に叶えたいんだな」と思えると思います。

辛い思いってパワーになりますし、きっと反対されながらも続けていたら、いつか良い関係の家族に戻れると思うんです。だから、ぜひ泣きながら謝って説得してみてください(笑)。 

――斬新だけど、明日からでもマネできる方法ですね。皆さんが親の立場で、お子さんがミュージシャンになりたいと言ったらどうしますか?  

ジェットセイヤ:僕は応援しますね。親的にはお金を払ってやったからっていうのはあると思いますが、好きなものを突き詰めたら結局はお金がもらえるようになりますし。今は、どこの会社に入っても定年まで安定という保証もないのでね。好きなことを見つけて、早めに人生の軸を決めたら強いでしょうね。 

牧達弥:僕は覚悟を見るかな。努力はもちろんだけど、才能とかセンスは大事だから。やるっていうなら、音楽以外の道も示しながら、本当に音楽に興味があるのかを計ります。もし僕のように泣いてきたら「曲聴かせて」って言いますね。それかめっちゃアドバイスします。  

柳沢進太郎:牧さんの遺伝子見たいな(笑)。

フルアルバム『PANDORA』は、今のバニラズが示すリアリティ

――3月24日リリースの『PANDORA』は、みなさまにとってどんな作品になりましたか?  

牧達弥:今回は、リアリティにフォーカスしています。前に本で読んだことがあるのですが、夢を見れることって裕福なときで、社会が不安な時は現実に目が行きがち。だから、今、「大丈夫だ」と現実を隠して綺麗なものを見せることは違うんじゃないかなと思ったんです。だから、これまでとは違う雰囲気というか、持ってはいたけど出していなかった部分が多くなったのかなと思います。  

また、コロナ禍を経験して、いつ死んでも後悔のないように、納得する音楽を作りたいなと感じました。そこからできたアルバムなので、自分自身も救われる曲でありながら、生きている人たちへのメッセージがより強い作品になりましたね。 

長谷川プリティ敬祐:コロナ禍でこれまでの日常がかなり崩れましたよね。僕自身、何度か心がやられそうになりました。でも、この『PANDORA』を制作することが自分の支えになったし、作り終えた今でも聴きながら1つの希望になっているんですね。だから、アルバムを通して聴いた時に希望を感じてくれたらなと思います。  

ジェットセイヤ:世の中の受け入れ体制が整っている状態で、発売できることに喜びを感じます。たしかに去年で日常は変わったけど、1年過ごしてみて少し新しい日常が生まれつつあるじゃないですか。そんな2020年を牧が歌詞にして、僕らが音にしたので、より沁みてくると思います。  

柳沢進太郎:スケールがしっかりある曲が集まったのかなと思います。武道館という1つの目標を叶えてから、初めて発売されるアルバムということもあって、この曲たちも武道館でやりたいなと思えてますね。それに、今はライブになかなか行けず、家で音楽を聴くことが多いでしょう。そういう時にいろんな世界に連れていってくれる、良い音楽体験ができる1枚かなと思います。

リリース情報

Major 5th Album

『PANDORA』

2021.03.24 Release

1 アダムとイヴ
2 鏡
3 ロールプレイ
4 お子さまプレート
5 クライベイビー
6 アメイジングレース
7 one shot kill
8 ca$h from chao$
9 ひどく雨の続く午後の寝室より
10 手紙
11 馬の骨
12 伺いとキス
13 倫敦
14 パンドラ

TOUR INFORMATION

「PANDORA TOUR 2021 ~CHAOS & HEARTS~」(1日2公演)
1st:目は口ほどに物を言う編 / 2nd:口は災いの元編


4月10日(土) 大分 DRUM Be-0
[1st] OPEN:16:00 / START:16:30~17:30
[2nd]OPEN:18:30 / START:19:00~20:00

4月11日(日) 長崎 DRUM Be-7
[1st] OPEN:16:00 / START:16:30~17:30
[2nd]OPEN:18:30 / START:19:00~20:00

4月17日(土) 松山 WstudioRED
[1st] OPEN:16:00 / START:16:30~17:30
[2nd]OPEN:18:30 / START:19:00~20:00

4月18日(日) 高知 CARAVAN SARY
[1st] OPEN:16:00 / START:16:30~17:30
[2nd]OPEN:18:30 / START:19:00~20:00

4月24日(土) 周南 RISING HALL
[1st] OPEN:16:00 / START:16:30~17:30
[2nd]OPEN:18:30 / START:19:00~20:00

4月25日(日) 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
[1st] OPEN:16:00 / START:16:30~17:30
[2nd]OPEN:18:30 / START:19:00~20:00

4月29日(祝木) 浜松 窓枠
[1st] OPEN:16:00 / START:16:30~17:30
[2nd]OPEN:18:30 / START:19:00~20:00

5月5日(祝水) 秋田 CLUB SWINDLE
[1st] OPEN:16:00 / START:16:30~17:30
[2nd]OPEN:18:30 / START:19:00~20:00

5月6日(木) 郡山 Hip Shot Japan
[1st] OPEN:17:00 / START:17:30~18:30
[2nd]OPEN:19:30 / START:20:00~21:00

5月14日(金) 富山 MAIRO
[1st] OPEN:17:00 / START:17:30~18:30
[2nd]OPEN:19:30 / START:20:00~21:00

5月15日(土) 新潟 LOTS
[1st] OPEN:16:00 / START:16:30~17:30
[2nd]OPEN:18:30 / START:19:00~20:00

5月22日(土) 高松 festhalle
[1st] OPEN:16:00 / START:16:30~17:30
[2nd]OPEN:18:30 / START:19:00~20:00

5月23日(日) BLUE LIVE 広島
[1st] OPEN:16:00 / START:16:30~17:30
[2nd]OPEN:18:30 / START:19:00~20:00

「PANDORA TOUR 2021 ~Mr.&Mrs. HOPE~」

6月4日(金) Zepp Fukuoka
OPEN:18:00 / START:19:00

6月5日(土) Zepp Fukuoka
OPEN:16:00 / START:17:00

6月11日(金) Zepp Osaka Bayside
OPEN:18:00 / START:19:00

6月12日(土) Zepp Osaka Bayside
OPEN:16:00 / START:17:00

6月18日(金) Zepp Nagoya
OPEN:18:00 / START:19:00

6月19日(土) Zepp Nagoya
OPEN:16:00 / START:17:00

6月25日(金) 仙台 GIGS
OPEN:18:00 / START:19:00

6月27日(日) Zepp Sapporo
OPEN:17:00 / START:18:00

7月2日(金) Zepp Haneda
OPEN:18:00 / START:19:00

7月3日(土) Zepp Haneda
OPEN:16:00 / START:17:00

編集部:ゆう

編集部:ゆう

家族との時間が一番大切!!お酒と音楽とオーディオと旅行が大好きな、気分はお兄さんです。

関連記事

「将来を考える」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催