ゲームプログラマーを目指す人が覚えておきたいこと

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

家庭用ゲーム機、スマートフォンのアプリ、パソコンのネットワークゲームなど、毎日1つ以上のゲームをプレイしている人は多いと思います。今やゲームは、生活の隙間時間に不可欠なコンテンツとなり、「自分でゲームを作ってみたい」と思う人を増やしています。では、プログラマーの中でもゲームプログラマーを目指すには、何を覚えていけばいいのでしょうか。

今回は、初めてゲームプログラマーを目指す人が覚えておきたいことや、最近のゲーム開発で使われているプログラミング言語や人気のゲームエンジン「Unity」について、現IT研修講師として活躍し、自らもエンジニアとして多くの現場経験を持つ斎藤和明さんにお聞きしました。

目次

ゲームプログラマーの役割と業界動向

ゲームプログラマーは、その名の通り「ゲーム開発のプログラミング部分」を担当する職種です。ほかプログラマー職種と異なる点は、開発するゲームごとに求められるスキルが違うこと、ほか職種との連携も多くなることです。

監修:斎藤さんのコメント

家庭用ゲーム機用やスマートフォンのアプリなどプラットフォームの違いと、格闘・RPG・パズルなどゲームジャンルの違いにより、開発するゲーム環境や求められるスキルが変わります。ゲーム開発現場内のほか職種との連携も必須になるので、コミュニケーションスキルも求められます。

ゲーム業界のニーズは高い

2020年は自宅に居る時間も長くなり、ゲームで遊ぶ時間も増えました。Nintendo Switch「あつまれ どうぶつの森」(任天堂)は、販売本数が2,085万本(累計販売本数3,263万本)となり、社会現象になったほどです。その結果、任天堂が2021年5月に公開した連結売上高は、2020年の13,085億円に対し、2021年は過去2番目となる17,589億円と「+34.4%」のアップとなっています(出典:任天堂 2021年3月期 決算説明資料)。ゲーム業界の売上が飛躍的に伸びたことに比例して、IT業界でのゲームプログラマーのニーズも伸びているのが現状です。

監修:斎藤さんのコメント

ゲーム市場は、毎年10%近く拡大しており、モバイルゲームを中心にまだまだ成長する見込みです。近年「AR」「VR」「ディープラーニング」といった技術も取り入れられ、ゲームプログラマーの需要は非常に高くなっています。ふだん使っているスマートフォンアプリの存在も大きく、これからも人気・需要ともに上がることが予想されます。

ゲームプログラマーの収入は?

プログラムを書くだけで完結せず、ほか職種と連携するためのコミュニケーションスキルも必要になるため、経験者の求人数と年収は高止まりしています。例えば、マイナビ転職サイト で、職種を「プログラマー(ゲーム・アミューズメント系)」と限定し、「初年度年収400万円以上」で検索すると10数件、「350万円以上」だと20数件がリストアップされます※1
また、クリエイター職だけあり、年収に関係なく多くの人が希望する職種です。自分がプログラミングしたゲームが実際に動き、ユーザーから高評価を得たときの達成感は、クリエイター冥利に尽きることも強い動機付けになっているはずです。

※1.2021年5月31日現在。検索日・時期によって結果は変動します。ご了承ください。

ゲームプログラマーが覚えておきたいツール&言語

初めてゲームプログラマーを目指す人は、どのような開発ツール (ゲームエンジン)やプログラミング言語を覚えればいいのでしょうか。前述したようにゲームジャンルやプラットフォームによって、さまざまな言語が使われています。その中から使用頻度が高いプログラミング言語を覚えておきましょう。

Unity

監修:斎藤さんのコメント

ゲームを開発するためのゲームエンジン(開発環境)です。プログラミング言語そのものではありませんが、開発に使用する機能を1つのツールにまとめたものです。数あるゲームエンジンの中でも無料でダウンロードして使えることもあり、多くのプログラマーが使っています。詳しくは後述します。

C#

監修:斎藤さんのコメント

マイクロソフトが開発しているプログラミング言語で、主にWindows向けのアプリケーションの開発に使われています。また前述した「Unity」を使用することで、ゲーム開発も可能になります。プログラミング言語としては、20年以上の歴史があり、言語としての機能は豊富にあります。ただし、初心者には少々難しい機能のため、基礎が理解できてから学ぶといいでしょう。

C++

監修:斎藤さんのコメント

C言語を機能拡張したプログラミング言語です。C言語は1972年に開発された言語であり、さらに効率良くプログラミングするためにC++が開発されました。30年以上の歴史を持ち、今回紹介する言語の中では一番古くから使われています。ゲームでは、昔からある「ブロック崩し」や「インベーダーゲーム」のようなプログラムが有名です。スマートフォンアプリやゲーム開発はもちろん、業務システムやWebアプリケーションでも使われています。

JavaScript

監修:斎藤さんのコメント

Webサイトやシステムの開発に使われているプログラミング言語です。私たちがふだん使っているスマートフォンやパソコンで見るサイトの多くは、JavaScriptが使われています。ゲームでは、簡単に遊べる「スロットゲーム」や「おみくじ」のようなプログラムになります。JavaScriptの特徴はブラウザさえあれば実行できることで、ほか言語のように実行環境を自分で整える必要がありません。そのため手軽に開発することができ、初心者にもやさしい言語です。

人気のキーワード「Unity」を覚えておこう

現在のゲーム開発現場で、よく使われるゲームエンジンに「Unity」があります。その将来性と優位性の理由は、「Nintendo Switch、PlayStation、Xbox」といった家庭用ゲーム機向けの開発ができることです。また、スマートフォンアプリにおいても「Unity」が使われているゲームは多くあります。ここでは、「Unity」で開発されたスマートフォンアプリのゲームタイトルの一例をみてみましょう。

【Unityが使われているスマートフォンアプリゲーム】

  • ●ポケモン GO(ナイアンティック)
  • ●スーパーマリオラン(任天堂)
  • ●ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君(スクウェア・エニックス)
  • ●ドラゴンクエストウォーク(スクウェア・エニックス)
  • ●白猫プロジェクト(コロプラ)
  • ●みんなのGOLF(フォワードワークス)
  • ●戦国BASARA(カプコン)
  • ●Fate/Grand Order(アニプレックス)

いかがでしたか? 人気タイトルがこれだけ並ぶと、一度はプレイしたことがあるタイトルがあると思います。もしくは好きで遊んでいたゲームが、実は「Unity」で開発されていたと知った人もいるかもしれません。「Unity」というゲームエンジンが、さらに身近に感じられたのではないでしょうか。

監修:斎藤さんのコメント

もう1つの優位性として「クロスプラットフォーム」があります。従来は、ゲーム機とスマートフォン用の開発環境は、別々に用意する必要がありました。しかし、Unityはクロスプラットフォームに対応しており、iOSとAndroid、WindowとmacOS、PlayStationとXboxなど、同仕様で1つ開発すればすべてのプラットフォームで動かすことが可能です。繰り返し出ていますが、ゲームエンジンなので「Unity」上で、C#やC++などを使ってプログラミングしていきます。

ゲームプログラマーになるためには?

ゲーム業界の動向とゲームプログラマーのニーズがわかったところで、最後に就職するために必要なことをまとめおきましょう。ゲーム業界は、開発環境もコンシューマニーズもめまぐるしく変わります。そのため最新動向をしっかりリサーチし、自分が目指したいゲーム会社、もしくはゲームジャンルを明確にすることが第一歩といえます。

監修:斎藤さんのコメント

ゲームプログラマーで使用する言語は複数に渡ります。仕事の幅を広げたいときは、1つの言語だけに絞らず、さまざまな言語を学んでおくといいでしょう。また、ゲーム開発はゲームプログラマーだけでなく、ディレクターやデザイナー、プロデューサーといった他職種とも連携する必要があります。コミュニケーションを密に取りながら作業を進めることが重要となるので、プログラミング技術だけでなくコミュニケーションスキルも身に付けましょう。

以上のことを考慮すると、学習方法は大学や専門学校、オンラインプログラミングスクールや通学型スクールが望ましいといえます。コミュニケーションスキルといっても、どんなやり取りが発生するのかも覚えなくてはいけません。独学では、なかなか身に付けられないスキルともいえます。その点大学やスクールは、現場で必要とされる最新技術やスキル、業界動向などの情報も持っています。ゲームプログラマーを目指す近道として、スクールなどで学ぶことも選択肢に入れることをおすすめします。

監修

斎藤和明

IT研修講師。ニュータイプエンジニア養成講座主宰
https://love-survivor.com/
神奈川県倫理法人会 後継者倫理塾 第四期生。株式会社ラブサバイバー代表取締役。
◎1984年埼玉県坂戸市生まれ。浦和大学卒業後、IT企業に就職するが、心療内科でうつ病と診断され休職・転職することに。「現状を変えたい」との思いから、お笑い養成所「ワタナベコメディスクール」に入学(第16期卒業)。会社員として勤めながら、お笑い芸人としてライブ出演等を行っていたが、結婚、妻の出産を機にお笑い芸人活動を引退。
◎転職を重ねるごとに100万、200万と年収アップに成功し、2017年には、茨城県を中心に活動する人材派遣会社へ就職。約1,100名の会社で、IT部門の立ち上げに当初から関わる。歴代最速および最年少でIT部門のマネージャーに就任。社内で唯一のIT研修講師に抜擢され、自社および他社の新入社員研修を行いつつ、人事および営業も兼任。トップセールスとなる。
◎2019年、フリーエンジニアとして独立した後、株式会社ラブサバイバーを設立。システム開発、IT技術研修、YouTube企画運用を主な事業とする。現在は、IT業界からうつをなくすことを掲げて、日夜講演活動を行っている。趣味は読書、経営者モーニングセミナー。
近著『フリーエンジニアで成功するためにやるべき54のこと』(秀和システム)

◎編集・執筆:松田政紀(アート・サプライ)

関連記事

「将来を考える」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催