【探す】ラジオに自分の思いを投稿してみない? この夏は、「思考」を冒険(たび)しよう

編集部:すい
2020/08/24
学生トレンド
あとで読む

勉強のお供に、移動の合間に、私たちの耳を楽しませてくれるラジオ。いつもは、いちリスナーとして聴いている番組だけど、この夏は投稿にもチャレンジしてみませんか? 自分が思っていること・考えていることを改めて文章にすることで、自分でも気づかなかった感情や自分自身の魅力・才能に気づくきっかけになるかもしれません。

そんな“思考の冒険(たび)”におすすめなのが、TBSラジオの人気番組「アフター6ジャンクション」。名物企画の「新概念提唱型投稿コーナー」に投稿して、冒険(たび)の第一歩を踏み出してみましょう!

「アフター6ジャンクション」とは?

“聴くカルチャー・プログラム”をコンセプトに、TBSラジオ(FM90.5MHz+AM954kHz+radiko.jp)で毎週月曜~金曜生放送中のラジオ番組。通称「アトロク」。ヒップホップグループRHYMESTERの宇多丸さんをMCに迎え、映画、音楽、本、ゲームなどさまざまなカルチャーについて語り合ったり、出会ったり、学んだりする番組です。

日替わりのパートナーやレギュラーメンバー、ゲストらと宇多丸さんが繰り広げる軽妙なトークが最大の魅力ですが、名物企画「新概念提唱型投稿コーナー」も多くのリスナーの支持を受け、番組の人気を支えています。

「新概念提唱型投稿コーナー」とは?

前身番組「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」(2007年4月~2018年3月放送)から続く、リスナー投稿コーナー。「誰もが思いあたるが言語化できないアレやコレやに、全く新しい名前を与えて必要以上に世間に提唱していく」(番組公式サイトより)企画です。

日頃感じている・考えているけど何という言葉で表現すればいいのか……そんな事象にキャッチーな名前をつけて、リスナーの体験談や意見、問題提起などが日々投稿されています。

テーマは曜日ごとに決まっており、また不定期に更新されています。2020年8月現在、募集中のテーマは以下の通り。

火曜『何かが始まる音がする 〜Y・O・K・A・N〜』

あなたは聞き逃していませんか? 日常の中からかすかに聴こえる、素敵なストーリーが始まりそうな、音。

例えば……「海外の旅行先で、幼なじみとバッタリ再会したが、その幼なじみは『私はあなたのことは知らない』と言い張り、そうしているうちに身の回りで不審な事件が起き始め……」など、あなたが体験したささやかな「何かが始まるYOKAN」を送ってもらい、映画化やラジオドラマ化を睨んでいくお便りコーナー。

水曜『シアター・一期一会』

映画館で起こった忘れられない出来事をハートウォーミングに語るコーナー。鑑賞中、または鑑賞前後に身の回りであったエピソードを募集。

金曜『抽象概念警察』

日々、なんとなく使っている言葉の中には、意味をよくわからないままにしているものが、けっこうある! 「シチュエーション的に、とりあえずこの言葉を使えば、格好がつく」という程度の認識で使っている言葉たちを、しっかりと取り締まっていく企画。

実際に番組を聴いてみてもらえればわかりますが、どれも「わかる、わかる!」と共感したり、クスッと笑えたり、思わずホロリとしてしまうような投稿が紹介されています。放送を聴きながら、Twitterで番組公式ハッシュタグ「#utamaru」をチェックして、他のリスナーの反応を見るのも楽しい時間です。

番組プロデューサーが解説 こんな名企画が生まれました!

新概念提唱型投稿コーナー内では、これまで数々のユニークなテーマが生まれています。中には思わぬ方向に発展していったことも!? アフター6ジャンクション番組プロデューサーの橋本吉史さんに、同コーナー内で特に印象に残っているテーマやエピソードを教えてもらいました。

『低み』

誰にも迷惑はかけていないのにも関わらず、人間としての“低さ”を感じてしまう振る舞いを、さもライフハック風に綴ってもらう(例:噛み終わったガムでフローリングの掃除をするとエコ! など)。

橋本さん「このコーナーは書籍化(『ライムスター宇多丸も唸った人生を変える最強の「自己低発」 低み』イースト・プレス刊)した上に、『ビジネス/自己啓発』のコーナーに置かれて番組リスナー以外の読者層が生まれ、しかも書籍の帯をアーテイストの三浦大知さんが書くという信じられない展開になりましたので、間違いなく、世に新たな価値観として認められたはず。まさかこれが『ディレクターの食べていたカップ麺の残り汁をADが喜んで飲んでいた』というエピソードから着想し、共感を得ることになるなんて、我々自身も想定していませんでした」

『疎遠になった友達~元トモ~』

昔はいつも遊んでいたのに、気づけば疎遠になっていた……という『元カレ/元カノ』ならぬ、『元トモ』の、ほろ苦くも切ないエピソードを送ってもらう企画。

橋本さん「こちらにいたっては書籍化(『拝啓 元トモ様』筑摩書房刊)した上に、さらに『集英社ジャンプ+』で萩野純先生によってコミカライズもされました。ラジオの1投稿コーナーが『新文学』としてここまで他メディア展開した例はかなり少ないのではないでしょうか。声優・エッセイストの池澤春菜さんが『元トモは元自分だ』と評されており、『時々思い出すアイツのことを考えたときに沸き上がるこの何か』は、普遍性のある感情だったのかもしれませんね」

『ゲームセンターはなし』

名作漫画「ゲームセンターあらし」の主題歌に乗せ、ゲームにまつわる思い出やこだわりのゲームプレイなど、ゲームについての話を送ってもらう企画。

橋本さん『ゲームのはなしをする』ことをもっと堂々と、スタンダードにするんだという気持ちをストレートに企画にしました。『ゲームセンターあらし』リスペクトの思いが(発行元の)小学館さんや作者のすがやみつる先生ご本人に届き、番組にゲスト出演していただいたりして、最終的に本家お墨付きになるという恐縮な企画に……」

『ファーストマン~宇宙で初めてコレをやった~』

「宇宙で初めてこれをやった! これを思いついた!」と、リスナーが信じ込んでいる発明や発見を募集し、栄光なき天才を称えるコーナー(例:Wi-Fiのない時代に、その概念だけは思いついていた など)。

橋本さんAD発案の企画です。『後出しジャンケン感』のおもしろさに加えて『あのとき自分がそれを実現していたら……?』というifみたいな要素も加わって、広がりが出ましたね」

『サイレント・ディス』

「そういうつもりはないのに、結果的に悪口になっている」名前やモノを見つけ、それを告発する投稿コーナー(例:レストランのメニューに【欲張りセット】と書いてあったりするけど、これって客の我々がひそかに馬鹿にされているのでは……? など)

橋本さん「『欲張りセット』という言葉をきっかけに生まれた、ややどうかしている発想からの企画ですが、実は『ぼーっと生きてんじゃねーよ』的な部分では普遍性のある題材なはず。そのイズムを受け継いでいるのは現行の『抽象概念警察』で、我々は意味が曖昧なまま言葉を使ってしまっていないか? という問いかけを毎週やっています」

求む投稿! 新概念にふれる冒険に出かけよう

いずれのテーマについても「とある現象について、『コレってなんかアレだな……と、言葉にできないけど何かひっかかる、何か感じる、という違和感・体験を見逃さない』ことがまず最初の一歩です」と話す橋本さん。そして番組に投稿する際は、その経験をいかに共感されやすく、楽しませる表現で伝えられるかがカギだといいます。

橋本さん「アトロクでいえば、企画タイトルやそのコーナーの演出手法、そしてパーソナリティの宇多丸さんやパートナーたちのトークによって届けられることで、共感増幅装置のように機能しています。『ああ、その感じ! 自分も味わったことある!』とピンときたらすぐに投稿してもらいたいですね。
すべて『日常を過ごす中で、いかにフレッシュな視点を保ち続けて楽しんでいくか』ということだったりするので、よくない思考の連鎖に陥らないためのマインドセットとして『新概念提唱型投稿コーナー』を活用してもらえたら、とてもうれしいです」

あなたの心の中にも、うまく言語化できないけど常に気になっているアレやコレ、ありませんか? その“何か”を言葉にするなら、ぜひ番組にメールを送ってみてください。

ラジオネームを読み上げられたときのうれしさ、ちょっとした恥ずかしさ、誇らしさは、きっとこの夏の素敵な体験の一つになるはずです。各テーマへの投稿は番組メールアドレス utamaru@tbs.co.jp まで!

●「アフター6ジャンクション」番組公式サイト
https://www.tbsradio.jp/a6j/

文・取材:芳賀直美
制作:Mo-Green
イラスト:福井海東
編集:マイナビ学生の窓口編集部

他の#大学生の冒険応援特集記事もチェック!

【SPECIALキャンペーン】冒険軍資金Amazonギフト券1,500円分を20名様にプレゼント!
【教わる】自分の“やりたい”を制限しない。写真家・在本彌生さんの冒険(たび)スタイル。
【体験する】究極の一人時間を楽しむ! そろそろ「ソロキャンプ」を始めたい人のための導入5STEP
【探す】自転車ライター松田然さんに聞く、初心者にもおすすめの自転車旅3選!
【探す】今すぐ冒険(たび)に出たくなる! 冒険映画5選!!

新しい世界へ、冒険(たび)に出よう! #大学生の冒険応援特集



編集部:すい

お笑いとK-POP好き。名前の由来は「すいすい物事がうまくいくように」「水のようにチームになくてはならない存在になるように」から。
★ほっとけない学生芸人GP(@gm_hottokenaigp)運営も兼任中。

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催